今日の商店会長 (早稲田商店会相談役 安井潤一郎)

日本でただ一人、零細小売業の集まり「商店会」の会長現職で衆議院議員になった、早稲田商店会前会長、安井潤一郎の日記。

世の中何が起こるか分からない

2016-06-25 23:03:55 | 商店会長のコメント

イギリスのEU残留か離脱かを問う国民投票が日本
時間6月24日に行われ離脱が決定し
世界中の株価
が暴落し、為替が激変しました。と、いうことは世界中
の誰もが残留すると思っていた証拠でしょう。

キャメロン首相が辞意を表明しましたが、負ける事を
知って選挙に臨む政治家はそんなにいません。
近く
では消費増税が必要だと財務省に洗脳された民主党
の野田佳彦首相が思い起こされます・・・。

キャメロンさんは反対勢力を封じ込めるために打って
出たのだと思います。当然その時は負けるとは思って
もいなかったのでしょう。

反対に言えば何も起こさずに愚痴を言っていても何も
起こらないという事です。

早稲田の商店会の恒例イベント「地球感謝祭」、今年
は9月22日に開催されます。大勢の皆さんに集まって
いただける絶好の機会です。

地域商業は駄目だ駄目だと言っていないで、今年は
皆さんに驚いていただける様な催しを開きましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿末廣亭

2016-06-23 11:31:07 | 商店会長のコメント

本当に久し振りに息子と二人で新宿末廣亭に行って来ま
した。夜の部のトリが柳家小三治師匠なのでどうにか行き
たい、という息子に誘われての寄席見物です。


さすが人間国宝、大満足の一席でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻生財務大臣の発言「いつまで生きる・・」

2016-06-19 10:01:04 | 商店会長のコメント

16日に戸塚第一小学校で開催していただいた講演会で
話を聞いてくれた小学生が「地域、地元に対して僕は何を
すればいいのだ」という発言が出ているそうです。

「免疫の無い子に安井さんの話は刺激が・・」と言われて
います。決して危険思想を叫んだ訳ではないので御安心
下さい。「動かなきゃ」という思いが伝わり、満足です。

麻生財務大臣が自民党の集まりで発言された内容が問題
になっているようですが言葉使いの善し悪しを別にすれば
財務大臣としては至極当然の発言のように聞こえました。

「個人資産を使ってくれないと経済は活性化しない」と言い
たいところをあの方特有のサービス精神であの様な発言
されたのだと思います。大富豪の品の良さをわざと捨て
去った、品の悪い発言はいつもの事です。

ただ発言の本質には若干異論が有ります。質素倹約が
美徳とされ、無駄なものは買わないという生活をされてきた
高齢者の方に買いたくなる物、受けたいサービスを開発
する事に重点を置いた発言をして欲しかったと思います。

従前から
「団塊の世代の消費スイッチを押すのは孫パワー」
「高齢者の望むものは美と健康」
「還暦過ぎても親にとっては娘で息子」
と申し上げて来ました。

財布に入りきらないほどの資産をお持ちのお客様がどこに
居るのか、何を望んでいるのかが分かっていながら、そこに
ターゲットを絞り踏み出さない商業者の勇気の無さが原因
だと思います。

勇気を持たせるのが政治であるなら、補助金、交付金を
全廃しても現在の金融体制をモラルハザードが起こらない
範囲で再チャレンジが行えるシステムを構築すべきです。

例えば借入金100万円以上は100年ローンへの付け替え
等に変えられるアイデアを具現化して欲しいと思います。
事業が失敗すると人間性まで否定する現在の状況では勇気
を持つことは望めません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小学校で講演

2016-06-16 16:48:32 | 商店会長のコメント

私自身だけでなく弟も妹も息子も娘も卒業生で、娘が
小学校5年生、6年生だった2年間はPTA会長も務め
させていただいた地元の小学校、新宿区立戸塚第一
小学校は本年140周年を迎えます。

その周年に合わせて「地域の方の話を聞く会」が開催
され、本日(6月16日)午前中、5年生と6年生の皆さん
を対象にお話をさせていただきました。

学校側が予定していた質問以外にも活発に手が挙がり評判は
良かったようです。

どんな話をしたのか?
御安心下さい真面目な話です。ただ一生懸命お話ししたので
飽きなかったと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新宿区生鮮三品小売店連絡会新年会

2016-06-15 01:28:18 | 商店会長のコメント

本年5月22日の総会で平成9年にスタートした新宿区
生鮮三品特販組合の名称が「新宿区生鮮三品小売店
連絡会」に変更されました。

一昨日(6月13日)名称変更後の第一回正副部長会が
開催されましたがその中で来年1月の新年会について
審議され、来年は1月29日(日)に早稲田のリーガロイ
ヤルホテル東京で開催される事が決定しました。

組合員さん主体で開催していましたが来年は生鮮三品の
お店で販売される商品の産地や問屋の皆さんにも参加
していただくようにお呼び掛けさせていただきます。

来賓には区長さん区議会議長さん担当の部長、課長さん
にも毎年御参加いただいている新年会です。
少々と言う
より、相当早い話でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りのブログ、元気です!

2016-06-13 08:56:36 | 商店会長のコメント

先週火曜日から昨日、日曜日まで(6月7日から12日)
岡山に行ってました。

「参議院選挙で一生懸命なお仲間がいるのに孫と遊んで
るのか!」と言われるような気がしたのでブログにはアップ
せずに孫二人との至福の時間を過ごしていました。

この孫達に幸せな環境をバトンタッチする事こそが我々の
一番の仕事だ、という思いを強くして昨晩戻って来ました。

岡山に嫁いだ娘からモンスターペアレントの話、地元町内会
と連携が出来るようになった話など聞いて来ました。
しかし
聞けば聞くほど「マスコミ」と「教育」の重要さを感じます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地方創生推進交付金事業を試験紙にして引越しのススメ

2016-06-04 02:21:15 | 商店会長のコメント

地方公共団体、いわゆる市区町村が地域再生計画を
作成し、国に申請して内閣総理大臣の認定を受ける事が
必須の「地方創生推進交付金」事業の第一回目の締め
切りが6月17日に迫っています。

官民連携、地域間連携、自立の3点に加点ポイントが
有ると私は感じていますが、基礎的自治体にとってどれも
不得手の項目のように感じます。

私に何が出来るのかは分かりませんが、この加点ポイント
3点は今まで具体的に動いて来た活動そのものだと思ってい
ますし、地元商店会にとっても大事な仕事です。

6月17日に向けて市区町村が今からスタートするのは
時間が足りないでしょうが、9月末にも第2回目の募集が
有るので、9月末を見据えて動き始めるべきです。

地元だけでなく関係する近隣消費地、東京等の巨大消費地
も視野に入れ民間の知恵と力を十分に活用するべきです。
さもなければ「成果の上がらない」「コンサルのための」と揶揄
される事業になります。

一番重要なのは「金が無い」「人がいない」「時間が無い」という
「やる気の無い」返事をする地方自治体の首長、職員に活を
入れる住民の皆さんの子供や孫の将来を考える想像力です。

今のままで良いなら予算を使わないで欲しい。今のままでは
駄目だと思っているなら、自分の一票で首長を変えるべきです。
変えられないなら住民は引越しましょう。引越し費用を考え
たら首長を変える方が断然安く済みます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内外情勢調査会新宿支部講演会

2016-05-31 11:27:55 | 商店会長のコメント

昨日(5月30日)、時事通信社さんが主催されている内外
情勢調査会の新宿支部講演会に講師としてお呼びいただ
きました。

会場は新宿区の商店会連合会でもよく利用させていただ
いている西新宿のハイアットリージェンシー東京 白鳳の間、
御覧のように大勢の皆さんが出席されていました。

昔から「家から離れれば離れるほど評価が高い」と言われている
私です。新宿支部さんにお呼びいただいたのは初めてです。

昼食後の講演でしたが、どなたもお休みにならず最後まで
楽しそうに聞いていただきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マイケル・ムーア「世界侵略のススメ」

2016-05-29 11:28:23 | 商店会長のコメント

一昨日(5月27日)から公開の始まった映画「マイケル
・ムーアの世界侵略のススメ」を昨日女房と一緒に行って
来ました。これは面白かった~!

久し振りにスタートから大きな声で笑ってしまいました。

現在わが国が最優先事項としている地域創生にとって
ヒントがいっぱい有るように思える映画です。

特に金融立国を標榜しているアイスランド共和国の「男女
平等」には現在わが国に無くて、みんなが欲している
ものが
明確に出ていました。

女性を主体にしたファンド、金融事業を地方創生事業
として取り上げてみたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

140周年を迎える戸塚第一小学校で授業

2016-05-27 08:15:44 | 商店会長のコメント

私を含め兄弟全員、息子も娘も卒業生で私自身もPTA
会長を務めた地元の小学校、新宿区立戸塚第一小学校は
今年創立140周年を迎えます。

その節目に当たり在校生に「地域の方の話を聞こう」という
授業を行う事になり、その講師に私が選ばれました。

私より年上の地域の方は「45分間2回の授業をするには
体力的に心配」という理由で私に白羽の矢が立ったようです。
ついにその年代になってしまった、少々感慨にふけっています。

話だけだと5年生、6年生といっても小学生だから飽きるので
昔の写真や絵をプロジェクターで流そうと思い新宿区歴史
博物館に伺ったり、早稲田大学大学史資料センターに電話を
しました。

しかし一昨日、戸一小に出向き担当の先生とお話しして、折角
の機会なのだから「地域とはなに?」「地域が小学生の君たちに
望むことは」に重点を置いた話にしようと思いました。

簡単に「思った」のですが、結構難しい授業になりそうです。
授業の内容が難しいのではなく、授業までの作業が難しそう
だと感じています。授業は6月16日の午前中の予定です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加