鈴木やすひろ

村民の声を村政に活かします!!

政二塾(マルチコプター)

2017年05月13日 | 日記

政二塾で、株式会社マルチコプターラボの講義を置けた。

首相官邸の屋上に墜落した事件から様々な機会に関心が寄せられ、

最近では、宅配に使えるのではないのかという話まで出てきたが、

商業としての現場ではどのような課題があるのか、担当者からの講義は大いに勉強になった。

GPSを搭載して、ジャイロセンサー、気圧センサー、磁気センサーなど様々なセンサーの情報をCPUで演算処理することにより

機体を安定させ空を飛ぶのだが、条件により演算処理装置の能力を超すことがあれば

たちまち飛ぶことをやめ墜落する、それを補うためには何が必要なのかまだまだ開発途上であるという。

しかしマルチコプターの活用により、あらゆる分野での作業の効率化 可能性に着目して研究開発、事業化をしていくのだという

担当者の熱意は聞く私たちに感動を与えてくれました。

飛島村の今年度予算にも操縦資格講習費として予算組がしてあり講義を聞いていると、はたして俄仕込みで運用ができるのか疑問に思い質問したところ、

会社として行政、警察 消防機関などと協定を結び、災害現場での救援をするが対応にも限りがあり人材開拓という面からもすそ野を広げなければいけないことを痛感しているとこと。

驚いたことには、安城市消防団では資格取得者が多数いるとのこと。

取り組みの違いが、行政間でもすでに表れていた。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想定外の出来事 | トップ | 防犯カメラ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。