対人緊張症、神経症、うつ病、明るくなる等、認知行動療法(人生勉強療法)、既に2000話以上の具体的な話を書いています。

対人緊張、対人恐怖、神経症、うつ病、等の心理療法、認知行動療法、人生勉強療法。電話、スカイプでも通院と同じように治ります

鬱病などは何故再発をするのか? 答え 原因を全く修正していないのですから再発するのが当たり前で再発しない方が奇跡

2016年09月18日 | 対人緊張症、神経症、うつ病を治す
鬱病やパニック障害などの神経症、対人緊張症などは何故再発をするのか? 答え 原因を全く修正していないのですから再発するのが当たり前で再発しない方が奇跡と言っても良いくらいです。


例えば、大企業や公務員くらいにしか認められませんが、鬱病と診断され、精神科医と産業医が長期休養が必要と診断をしたら何ヵ月もの長期休養が与えられ、その間に投薬治療と休養で鬱病を治す事に専念します。

その後、長期休養と投薬治療で精神科医も産業医も治ったと判断をして会社に復帰しても高確率で再発します。

何故ならば、このブログを読んでくれている人はもうお分かりだと思いますが、原因の必須の人生勉強不足から来ている認知の歪みはそのまま、全然変わっていないからです。

治ったというよりも、長期休養と投薬治療で落ち着いた状態になっているだけで、原因の認知の歪みはそのままですから、何かの切っ掛けがあったらすぐに再発をするのが当たり前なのです。

再発という言葉も原因から見たら認知の歪みは以前もままですから、そもそも治っていない状態だったわけです。

本当に再発しない、治したいのでしたら、原因の認知の歪みを修正して正しい認知にしなければ治りません。

薬は症状を抑えているだけで、本当の原因の認知の歪みを全く修正していないのです。


鬱病や神経症、対人緊張症などの再発に関して、お分かり頂けましたでしょうか?

原因から見るとそもそも病気ではなく足し算引き算が出来ないから苦しんでいるのとシステムは同じですから薬で足し算引き算が出来るようになるわけがありません。

本当に楽になるには他の人たちと同様に足し算引き算が十分に出来るようになる必要がありますし、この方法以外で本当に楽になる道はありません

足し算引き算と同じで、鬱病や神経症、対人緊張症の人たちが本当に楽になる道は必須の人生勉強をして認知の歪みを正しい認知に修正する以外に方法はないのです。


お分かり頂けましたでしょうか?


心理療法ハッピーライフ 矢野裕洋



★☆★☆★☆心理療法ハッピーライフの無料資料の請求方法、無料セラピー(1時間無料)の受講方法、連絡先など


★更に詳しくは 心理療法ハッピーライフ ホームページ http://www.happylife/jp をご覧ください。


★心理療法ハッピーライフの専門分野はうつ病、神経症、対人緊張症、トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格の改善、ポジティブになる等です。

料金は一回1時間6000円です(超過料金は一切頂いていません)。

独自の教科書を使ってのセラピーですからお電話やスカイプでも来訪されるのと同じ効果があります。

ですから、遠方の方もご安心ください。

有料セラピーのコースは普通コースと3回プラスアルファーコースの二つがあります。

根本的な考え方、感じ方から修正して対人緊張症や神経症、鬱病等をコース中に治して、更に生まれて来て良かったと自分自身が思える所までを目指す普通コースと、

明確化(客観的にはっきりさせる)したら全く怖い事ではないという人生勉強をして対人緊張症や神経症、鬱病等の症状を抑えて、日常生活でとりあえず困らなくなる事を目指す3回プラスアルファーコースの二つです。

☆具体的には、

うつ病(外因性のうつ病の方は前もってお電話でご相談をお願いします。他のうつ病は全てOKです。)

 神経症(パニック障害、広場恐怖症、摂食障害、精神性の過敏性腸症候群、諸々の恐怖症、摂食障害、自律神経失調症、心臓神経症、不安神経症、不定愁訴など、諸々の不安症等)

対人緊張症(対人恐怖症、社交不安障害、社会不安障害、SAD、赤面症、どもり、多汗、緊張による手足の震えやチック、等々)でお困りの方へ。

トラウマ、PTSD、強いストレス、気弱な性格、不安がる性格など。

ポジティブになるに関しては、友達が出来ない、恋人が出来ない、仕事、勉強が出来ない、人より自分は劣っていると思う等の劣等感、願望達成、心美人、心美男になりたい等、認知の歪みが原因にあるものは認知の歪みを修正する事で人生を好転させる事が出来ます。


★心理療法ハッピーライフの無料資料の請求方法
 

心理療法ハッピーライフ(認知行動療法、人生勉強療法)の無料資料は、1時間の無料セラピーを受ける為に必ず必要です。


☆無料資料の請求方法

メール、電話、FAX、葉書、手紙で、無料資料請求と書いて(話して)、

無料資料の送り先の郵便番号、住所、氏名、電話番号(発送上の問い合わせが必要に場合以外はご連絡は致しません)、の記載をお願いします。

郵便(主にクリックポスト)にて個人名(矢野裕洋)で無料資料(約30枚)をお送り致します。

(封書は市販の物を使い、心理療法ハッピーライフとは記載せず、私の個人名でお送りしますから、家族等に見られても大丈夫です。)

(メールでのご請求が当方としては最も良いです。メールアドレス a@happylife.jp )


★ご質問、ご意見、ご要望等も無料資料請求のメールアドレス a@happylife.jp にお願いします。

(注、メールアドレスが何か変だと、ご質問をされた事がありますが、独自ドメイン http://www.happylife.jp/ を持っていますから、@マークの前がaというとても簡単な一文字に出来るのです。このメールアドレスで問題ございません。大丈夫です。)


※尚、無料資料は折に触れて更新していますから、無料資料の有効期間は発送日より半年間です。

半年を経過した場合は再度、無料資料をご請求下さい。

その折、再度、請求する事になった理由を簡単で結構ですので教えて下さい。


★請求先

〒794ー0006愛媛県今治市石井町1-4-96
電話(ファックス兼用)0898-22-3755 (NTT回線)
携帯090-2233-6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋

ツイッター http://twitter.com/yasuhiroy


★心理療法ハッピーライフ ゆうちょ銀行 口座番号 (有料セラピーの料金等の支払先)

郵便局(ゆうちょ銀行) 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)

※郵便局(ゆうちょ銀行)の口座から口座へ、郵便局(ゆうちょ銀行)のATMを使えば支払手数料は0円、無料です。


★休日、営業時間

特定の曜日の休日はありません。
ですから、土日、祝祭日も営業しております。
(不特定の休日を取らせて頂いています。)

基本的な営業時間は午前9時~午後9時までです。


★ご家族の無料相談

ご家族の無料相談に関しては、2013年11月19日のブログ、家族の無料相談(1時間)を新設しました。家族の対人緊張症、神経症、うつ病などの悩みをなくす為に。
 http://blog.goo.ne.jp/yasuhiro_1959/d/20131119 に詳しく書いています。

尚、家族の無料セラピー(1時間)と本人の無料セラピー(1時間)を共に日を改めて受けられます。

★クライエントさん、クライエントさんの家族などの個人情報は当然ですが秘密厳守いたします。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『オドオドする』『異常に気... | トップ | 結婚する前に(子供を作る前... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。