対人緊張症、神経症、うつ病、明るくなる等、認知行動療法(人生勉強療法)、既に1000話以上の具体的な話を書いています。

対人緊張、対人恐怖、神経症、うつ病、等の心理療法、認知行動療法、人生勉強療法。電話、スカイプでも通院と同じように治ります

辛坊治郎さんの強迫神経症 「たかじんのそこまで言って委員会3/6放送を見て」

2011年03月07日 | 心理療法
辛坊治郎さんの強迫神経症 「たかじんのそこまで言って委員会3/6放送を見て」


2011年3月7日(月)
心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフ、矢野裕洋


★★★ 皆さんの中の多くの人たちは辛坊治郎さんをご存知だと思いますが、

「ズームイン!!SUPER」日本テレビ 「ウェークアップ!ぷらす」日テレ/読売 などで月曜から土曜日まで、毎日テレビに出られています。

関東地方では放送していないようですが、やしきたかじんさんと辛坊治郎さんが司会をしている、毎日曜日に放送している番組「たかじんのそこまで言って委員会」3/6放送の中で、辛坊治郎さんはご自身が強迫神経症である事をご自身で話されました。

辛坊治郎さんはいわゆる潔癖症で今でも電車のつり革を触れないそうですが、インドに旅行されて、この強迫神経症が大分楽になられたそうです。

虫がたかっているような食べ物は当然のように全く食べられなかったのに、インドに行くと虫がたかっているような食べ物しかない、食べなければお腹が空いたまま、という事をおっしゃっていました。

おそらく、空腹に負けて、勇気を出して、虫がたかっているような食べ物を食べたのでしょう。

★さて、辛坊さんはご自身の強迫神経症を軽い病気と何度もおっしゃっていましたが、皆さんはインドに旅行をする事で楽になる本当の病気があると思いますか?

例えば、心臓病や結核や癌などの本当の病気がインドに旅行をしたら楽になると思いますか?

当たり前ですが、楽になるわけがありません。

★おそらく辛坊さんは『軽い病気』という事を深く考えた事がなく、一般的に、特に医学で、病気と言うから病気と軽い気持ちで言われただけだと思いますが、この辛坊さんの強迫神経症を客観的に見たら病気なはずがありません。

では、何かというと、辛坊さんの考え方、認知、価値観の極一部でしょうが、多くの困っていない人たちと比べたら偏っていて、多くの困っていない人たちと同じようにする事に恐怖心を持たれている事が原因です。

この恐怖心は本当に怖い事なのだろうかと疑って見に行かないから、多くの困っていない人たちからすると恐怖でも何でもないのに、自分自身だけはいつまで経っても、場合によっては人生を振り回すほどの恐怖のままなのです。

辛坊さんの心の中の、強迫神経症の原因の間違っていた恐怖心のその中の多くの恐怖心がインド旅行の過程で、恐怖心が空腹に負けた等で、『本当に怖い事ではない』という事に気づき納得されたのでしょう。
(注、ここでの間違っているとは、多くの人、多数派の人たちは困っていないという事から、多くの人、多数派の人たちを正しいという概念で使っています。)

ですから、インド旅行をして強迫神経症が楽になったのです。

ただし、適した心理療法を受けて間違った恐怖心のお掃除をしっかりとしたわけではありませんから、今でも電車のつり革を触れない、などの症状が残っているのです。

★ちなみに、医学はお酒を飲むようなものだと思われて下さい。

間違った恐怖心は変わりませんが、お酒を飲んで酔うと恐怖心が薄らいで来ます。

恐怖心が薄らいで来れば楽になったと感じますが本当の原因は何も変わっていません。

酔いが醒めると同じ状況になります。

ですから、薬を飲み続けなければいけないのです。


★★★今日、私が皆さんにお伝えしたい事は、辛坊治郎さんのお話を借りて、強迫神経症は本当に病気なのか?

インド旅行をして楽になったのはどういう事なのか?

薬を飲む事で本当に楽になるのか?

という事を皆さんに考えて頂きたいと思い、書きました。

最後に、テレビで放送された事ですが辛坊治郎さんの逸話をお借りさせて頂きました事のご了解を宜しくお願いいたします。


辛坊さんも、先日書かせて頂きました小倉 智昭さんも、この番組でうつ病だとおっしゃっている桂ざこばさんもお困りでしたら結果の症状ではなく原因の考え方の修正をされる事を考えられてみてはいかがでしょうか?


もしも、まだ、本当にお困りでしたら、僭越ですが、お力になれると思いますのでご連絡を下さい。


有難うございました。


次回に続きます。


★★★心理療法ハッピーライフの「無料資料」の請求方法

☆皆さんへ

このブログに書いている内容は心理療法ハッピーライフで高い効果を出している実際の内容を書いています。
気になる人は無料セラピー(90分)をお受け下さい。
この無料セラピーの中でどのようなご質問にもとことんお答えします。
また、心理療法ハッピーライフのセラピー料金は毎回6000円です。
決して前金は頂きません。
前金で5回分とか10回分とかの料金を要求する所は、個人的な意見ですが、私の見て来た経験から、クライエントさんは不満を感じる所だと思います。

心理療法ハッピーライフの最低のゴールは精神科や心療内科に通う必要がなくなる(治る)事です。

遠方の人は電話でセラピーが受けられます。
(心理療法ハッピーライフは教科書を使ったセラピーですから電話でもセラピーが出来ます。)

大丈夫です。


★心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフのブログ やホームページ を読まれて無料セラピー(90分間)を受けたいと思われましたら、まずは無料資料を請求して下さい。

★無料資料は無料セラピーを受けて頂く人用ですから無料資料を読まれただけではほとんど役に立ちません。

★無料資料の内容は、半分はセラピーで使う教科書、半分は既にこのブログで書いている内容で無料セラピーをお受け頂くに当たって再度読んで頂きたいという資料です。


1.郵便局 記号16110 番号18486591 名義 ヤノヤスヒロ(矢野裕洋)
に保証金(無料セラピーを受ける気持ちが有りますという意味)として500円を振り込んで下さい。
(注、無料資料の保証金はお返しするものですので、お互いに振り込み手数料の掛からない郵便局のみでお願いしています。どうしても郵便局以外を希望される方は保証金から振り込み手数料を差し引かせて頂きます。郵便局の通帳を持たれていない場合は郵便局に身分証明と印鑑を持って行けば簡単に作れますから宜しくお願い致します。)

★この500円は無料セラピーを受けて頂きましたら有料セラピーを申し込まれなくても必ずご返金致します。

保証金をお預かりする理由は『無料資料は無料セラピーを受けたいという人用ですよ』と書いているのですが、とても多くの人たちが無料資料を請求しただけで無料セラピーをお受け頂けていません。
こういう理由で無料資料の請求がとても多く業務に支障が出始めましたので本当に無料セラピーを受けられる気持ちのある方だと確かめさせて頂く為に平成22年2月より制度を改めさせて頂きました。

2.振込みが終りましたら、振込み日、郵便番号、住所、氏名、電話番号を書いて
 a@happylife.jp
に無料資料請求と題名を書いて無料資料を請求して下さい。

電話やファックスでのご請求も出来ます。
電話、ファックス 0898ー22ー3755(050−1099ー3966BBフォン)


心理療法という言葉が気になるという人がいらっしゃいますので個人名(矢野裕洋)で市販のA4の茶封筒に手書きでお送りしております。
電話番号はまれにある配達先不明の場合に必要ですから必ずお伺いしております。
こちらから配達先不明の場合以外にお電話をする事はありません。

ヤマト運輸メール便にて約40枚の資料をお送り致します。

心理療法ハッピーライフ公式ホームページhttp://www.happylife.jp

心理療法ハッピーライフは1998年8月開業ですから現時点で開業13年目になります。


◎質問は基本的に無料資料をご請求頂いた後にお受けする無料セラピー(90分)でお願いしています。

理由は、
★質問に回答するに当たってそれなりの知識を持たれていないと理解できない
★情報量の問題(メールなどでの数百時の文字では内容を伝えられない)で口頭でクライエントさんの理解度を確認しながらお答えをしています。

例外として、制度的なご質問はお受けします。
例えば、無料資料を会社に送る事は出来るかとか電話セラピーと通院セラピーの違い、無料セラピーは家族と一緒に受けられるか等です。
(回答、会社に無料資料をお送り出来ます。電話セラピーと通院セラピーの差はありません。家族と一緒にお受けする事は歓迎します。)


◎心理療法(認知行動療法、人生勉強療法)ハッピーライフの有料セラピーは1時間、6000円です。

所在地 
〒794ー0005愛媛県今治市大新田町5ー6ー22コーポラス山下2ー202号
電話(ファックス)0898−22−3755(050−1099ー3966BBフォン)
携帯090−2233−6654 (ソフトバンク)
メールアドレス a@happylife.jp
Skype スカイプ名 happylifejp スカイプ表示名 矢野裕洋
ジャンル:
キーワード
ハッピーライフ 強迫神経症 認知行動療法 そこまで言って委員会 クライエント ヤマト運輸 ソフトバンク 小倉 智昭 公式ホームページ ウェークアップ!ぷらす
コメント (0) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« お受けできない人 | トップ | 「そんなうまい話があるとは思え... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。