信州生坂(いくさか)村 「山紫水明 食と文化癒しの郷!」

山清路、大城・京ヶ倉等の豊かな自然。赤地蔵、百体観音等の文化遺産。おやき、おにかけ等の食文化を持つ生坂村を発信!

「2016赤とんぼフェスティバルINいくさか」の2日目

2016年10月16日 | 生坂村の催し
▽ 2日目も早くから各ブースで準備をしていました。


 16日(日)午前10時から、昨日に続き雲一つない晴天に恵まれ開会しました。最初に私の二日目の挨拶から始まり、毎年大変人気がある「それいけ!アンパンマン ショー」では、多くの子供さん達の親子連れで大いに賑わいました。

▽ 2日目は、私の挨拶の後、恒例の「それいけ!アンパンマン ショー」で始まりました。




▽ 長野県のご当地アイドル パラレルドリームの5人の可愛らしいライブです。




▽ 音楽会が近くて練習しているので、リズミカルな小学生高学年の金管バンドの演奏でした。




▽ 私も参加させていただいた上生坂区合唱団、音楽の先生の指導のもと、「365日の紙飛行機」などを、皆さんは楽しく上手に歌っていました。




▽ 総合的な学習として、20年ほど続いている生坂龍翔太鼓を学習している中学校太鼓クラブが「生坂」「龍翔」の2曲をリズム感良く勇壮に演奏してくれました。








▽ お馴染みの太田拓実&ホリデーベンチャーズの皆さんの演奏です。小学校3年生の太田拓実くんの天才的なドラムの演奏によるベンチャーズの懐かしい曲を聞き、皆さんは素晴らしい演奏に感心していました。






▽ 音楽会、大会などで何度もステージ発表をされていて、とても上手な中学生吹奏楽の演奏でした。3年生は最後のステージ発表であり、お世話になった皆さんのために演奏してくれました。




▽ 最後に生坂村讃歌「山紫に空は澄み」を平田議長さんと和泉家志ん治師匠と一緒にステージで歌いました。


▽ 関係各位のご支援・ご協力の御礼と協働による村づくりの継続、生坂創生のためオール生坂での取組などをお願いし閉幕の挨拶をさせていただきました。


 友好関係の松本市上土商店街の皆さんが今年度もお越しいただくなど、各団体・企業さんのブースも増え、運営している皆さんも楽しみ、お客さんにも喜んでいただき、交流と親睦が深まったと感じました。
 村民・来場者・ステージ出演者の皆さんと司会進行の和泉家志ん治師匠など多くの関係各位のご支援・ご協力のお陰で、成功裏に終了することができました。
 皆さん大変お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「2016赤とんぼフェスティバ... | トップ | 第23回長野県町村会定期総会 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL