信州生坂村「山紫水明 食と文化癒しの郷!」

山清路、大城・京ヶ倉等の自然。赤地蔵、百体観音等の伝統。おやき、おにかけ等の食文化を持つ生坂村!

生坂小学校 平成28年度 卒業証書授与式

2017年03月15日 | 生坂村の行事
 今日は時々日差しが届いて、卒業式の時はそんなに寒くなく助かりましたが、午後は雲ってきて、それほど温度が上がらず肌寒い一日でした。。

▽ 下級生をはじめ多くの皆さんから、温かい拍手で迎えられた卒業生たちです。




 午前9時から小学校体育館で平成28年度卒業証書授与式が挙行されました。今年度は、男子6名、女子3名の9名が晴れて卒業されました。


△ 参列者全員で「君が代」を斉唱しているところです。


△ 市川教育長が、宮川校長先生から9名全員の卒業が認められたとのことや卒業生の「竪穴式住居」を建てられたことなど、小学校での活動等を紹介されながら告示をしているところです。

▽ 宮川校長先生が、卒業生の頑張って取り組んだことや印象に残ったところなどの言葉を添えて、一人ひとりに卒業証書を授与しているところです。








 この一年間皆さんは、「各種行事」や「こたろう大学」などの取り組みで、村民の皆さんや松本大学の学生たちと関わりながら、色々な体験を積み、人々との触れ合いや地域との連携に取り組まれました。
 その中で、上生坂夢の里山の会の皆さんからご指導をいただきながら、校庭の角に立派に建てられました「竪穴式住居」は、歴史の深さを学ぶことや地域の皆さんの活動を支援する温かな思いが伝わり、みんなで助け合って遣り遂げる大切さも感じたことでしょう。そして、赤とんぼフェスティバルなどの村の催しにも、率先して参加くださり、賑やかに盛り上げていただくなど、最上級生としてそれぞれの活動の中心となり、下級生の良きお手本となるように頑張ってくださいました。


△ 宮川校長先生が、同級生は9名だったけれど、一人ひとりが大きな声で歌われて素晴らしい合唱だったことや下級生の良いお手本として色々な事を先頭にたって取り組まれた活動など多くの取組を振り返りながら思い出や激励の言葉などを述べられました。




△ 私から、これから皆さんは、生坂小学校で学んだことを基礎にして、中学校で勉強にスポーツに生徒会活動などに頑張っていかれることと思います。そして、中学生としての自覚と責任に於いて行動しなければならなくなります。これからも他人を思いやる心を持ち、同級生同士支え合いながら、中学校生活を有意義なものにしていただきたいとお願いするなど、お祝いの言葉を申し上げました。


△ 藤澤PTA会長が、今日の言葉を考えると涙が出て来てしまったこと、皆さんのそれぞれの夢に向かって頑張っていただくこと、恵まれた環境と先生方のご指導で子ども達が大きく成長されたことに感謝をし、中学校でも健康で活躍されることを願うなどを、原稿なしで祝辞を述べられました。




△ 全校児童が、しっかりした歌声で合唱を聞かせていただき、和やかな雰囲気に包まれました。


△ 卒業生がしっかりと爽やかな歌声で素敵な合唱を披露してくれました。


△ 平林学年会長が、子ども達が大きなランドセルを背負って入学した当時の心配や、今日の卒業式までの思い出を話され、先生方や地域の皆さんに見守られて育まれ卒業できたことに感謝を申し上げるなどの保護者代表の挨拶をされました。

▽ 最後にみんなで生坂小学校「校歌」を歌っているところです。


▽ 下級生から花束をいただいて巣立って行く卒業生です。






 保護者の皆さん、お子さんのご卒業、誠におめでとうございました。これからも成長していくお子さんと一緒に、しっかりと歩んでいかれることを願う次第です。
 また、校長先生をはじめ諸先生方には、幼かった子ども達を温かく、時には厳しくご指導くださり、ここまで立派にお導きいただき、そのご労苦とご努力に対しまして感謝を申し上げます。
 そして、早朝よりお忙しい中、多くのご来賓の皆さんにご臨席賜りご光彩を添えていただき、盛大且つ厳粛に挙行できましたことに感謝申し上げます。

▽ 今朝は逆光が強く感じられた雲根集落方面の風景です。






 その他生坂村では、中学校で三学期終業式、矢崎先生の医学講座、児童館でマラソンクラブ、体協ソフトバレーボールリーグ戦閉幕式、税の申告相談等が行われました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 議会全員協議会及び三月定例... | トップ | 生坂中学校 平成28年度 第70... »
最近の画像もっと見る

生坂村の行事」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事