信州生坂村「山紫水明 食と文化癒しの郷!」

山清路、大城・京ヶ倉等の自然。赤地蔵、百体観音等の伝統。おやき、おにかけ等の食文化を持つ生坂村!

小舟集落のおてんま(協働作業)と生坂村体育協会定期総会

2017年04月23日 | 私の活動報告
 今朝は霜が降りるほど冷え込みましたが、昼間は晴れて清々しい陽気で、協働作業も捗りました。


 午前8時から、私の地元、17軒の小舟集落で、水路ざらい、電気柵の修理、花壇の草取り・土止め等のおてんま(協働作業)を行いました。
 電気柵の維持管理は、おてんまの時と、晩秋から冬場には毎月1回、3班に分かれて維持作業や補修をしていますが、野生獣の力で破られるなど、修理するところが毎回何ヶ所もある状況です。

▽ 藤澤常会長が本日の作業の手順等を話しているところです。


 土側溝は主に枯葉を取り除き、U字溝は枯葉や泥を取り除いて、これからの雨水等の排水に備えました。毎年のことですのでそれぞれに役割分担や作業場所が分かっていて、スムーズに仕事が進みました。
▽ 側溝の土砂や枯葉をみんなで片付けているところです。






▽ 花壇の土止めのために木をあてがって修理しているところです。


 作業終了後は、我が集落に伝わる鹿島様のお祭りと一緒に、天神様、虚空蔵様のお祭りを兼ねて行いました。天神様の幟を上げ、子ども達には勉強が出来るようにノートなどをプレゼントし、それぞれの神様に御神酒を上げて、集落みんなで美味しいお料理を食べ、一献を交わしながら作業の慰労を兼ねて親睦を深めました。皆さんお疲れ様でした。

 午後6時30分からは、平成28年度生坂村体育協会定期総会が、正副会長、監事、専門部長、村内10支部の役員の皆さん、事務局の20数名の出席をいただき開催されました。


 体育協会は、村民の体育を振興し、体力の向上を図るとともにスポーツ活動を主とした青少年及び中高年の健全育成を図ることを目標にして、公民館における体育事業への協力、体育施設の整備の充実及び要望、スポーツの普及等を図っていただいています。
 当村も少子高齢化や郡体育大会の終了等により、スポーツ専門部の活動の縮小や団体スポーツへの参加者数の減少で、村内諸大会の継続や選手とチーム数の確保等が課題となっております。


 しかし今年度も、例年通りの各種大会を開催していただくことになりました。やはりスポーツにより多くの村民の皆さんが集い、親睦を深めることは大切ですし、スポーツをすることで体力増進、健康維持にもなりますので、体育協会の事業推進の基、スポーツにより村の活性化につなげていただきたいと思います。
 丸山会長さんをはじめ役員の皆さんには当村のスポーツ振興のためにご尽力いただきますようお願いいたします。

▽ 今朝はおてんまがありましたので、早めに万平集落まで登って撮影した桜並木の風景です。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鷺の平の八重桜の風景 | トップ | 平成29年度 生坂村長寿会連... »
最近の画像もっと見る

私の活動報告」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL