信州生坂村「山紫水明 食と文化癒しの郷!」

山清路、大城・京ヶ倉等の自然。赤地蔵、百体観音等の伝統。おやき、おにかけ等の食文化を持つ生坂村!

知恵の輪委員会&農業公社歓送迎会

2017年04月05日 | 生坂村の会議
 今日はもっと青空が広がってかなり暖かくなるような予報でしたが、朝は冷え込んでも青空が広がっていましたが、その後は薄曇りの一日でした。


 午後1時30分からの知恵の輪委員会は、毎月の定例課長会議の報告の後、生坂村合併60周年記念花火大会、モデル地区(宇留賀区・昭津区)による大好き隊員(地域支援業務)の農地保全等について説明を受け検討協議をしました。
 打ち上げ花火等の内容は花火屋さんから提案いただいた後詰めてまいりますが、ステージ内容案は少し出て来ている程度ですので、まだまだ色々な点を詰めていかなければなりません。今後17日の観光協会の総会に諮って、赤とんぼフェスティバル実行委員及び区長合同会議で一緒に検討協議をさせていただければと考えております。また、当村の色々な行事等に対しても60周年の記念事業の一環として取り組んでいただく様に進めることとしました。

 午後6時30分からの農業公社の歓送迎会は、いくさか大好き隊員(地域おこし協力隊員)を2年間活動後に、新規就農研修制度3年間の研修期間を満了して卒業された平賀君と、今月から新たな研修生の中山君といくさか大好き隊員(地域おこし協力隊員)の農業支援としての松本君が入りまして、私も招待していただき行われました。
 今後の新規就農者は、主にぶどう栽培の技術の修得、経営のノウハウ等を学んでいただき、現在4haをぶどう畑に圃場整備している南平地区に住んでもらって、その地域の担い手にもなっていただければと考えているところです。

▽ 岩間理事長、私からそれぞれに激励と歓迎の挨拶をさせていただき、岩間理事長から卒業された平賀君に花束が贈られ、歓送迎の皆さんからも、それぞれに意気込みの挨拶をいただき、原井指導員の乾杯の発声で宴に入りました。






▽ 今朝は少し霞んでいましたが青空も広がっていた日野橋からの風景です。






 その他生坂村では、保育園で家庭訪問、小学校・児童館連絡会、ボランティア配食サービス、子育て支援センター打合せ等が行われました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お父さん頑張る会 平成28年... | トップ | 春の全国交通安全運動の出陣... »
最近の画像もっと見る

生坂村の会議」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL