信州生坂村「山紫水明 食と文化癒しの郷!」

山清路、大城・京ヶ倉等の自然。赤地蔵、百体観音等の伝統。おやき、おにかけ等の食文化を持つ生坂村!

絆づくり支援金選定委員会、主要地方道大町麻績インター千曲線整備促進期成同盟会の要望活動、大日向区の花壇

2017年07月12日 | 生坂村の報告
今日は薄日が届いて午前中から蒸し暑い天気で、午後は雷雨の可能性がありましたが、当村では降らなかったようで安心して東京に向かいました。

 午前9時30分からの「平成29年度 生坂村絆づくり支援金選定委員会」は、6団体から6事業の申請があり、支援金要望額の総額が、1,667,000円でした。私を含め6人の選定委員で、「公益性」「発展性」「協働性」「具体性」「有効性」「独自性」等を審査しまして、4段階の評価を行い選定しました。後日、各団体に選定結果及び条件または意見等を付してご報告させていただきます。

 午後3時30分からは、主要地方道大町麻績インター千曲線整備促進期成同盟会の要望活動を構成市村の大町市・千曲市・麻績村・筑北村・生坂村の村長さん、議長さん、副市長さんなど大勢の関係各位で、長野県太田副知事さんと建設部の油井部長さん、長谷川技監さん、各課長さんなど担当職員の皆さんにご出席いただき要望いたしました。

▽ 私の高校時代の同級生の太田副知事さんはじめ、建設部の油井部長さん、長谷川技監さん、各課長さんなど担当職員の皆さんに要望書をお渡し、要望書を朗読説明させていただきました。






 太田副知事さん、建設部の油井部長さん、長谷川技監さん、臼田道路建設課長さん、下里道路管理課長さん等に要望をさせていただきました。私からは宇留賀区才光寺地籍の道路拡幅、山清路地籍のバイパスルートの新橋梁の工事、千尋橋の通行止めの影響から災害に強い道路整備等をお願いし、各市村からもそれぞれの要望箇所を説明され、しっかりと要望いたしました。

▽ 続いて起点側の大町市の副市長さんから、各市村の要望箇所についてそれぞれの内容を詳しく説明しながら要望しているところです。


 太田副知事さんからは、大町麻績インター千曲線は重要路線であるいうことで事業を実施していますが、急峻な地形で急勾配、急カーブが多く工事が大変であるが、工事を促進していかなければとお話を伺い、各課長さんからは、要望箇所についての今年度の工事計画内容等を詳しく説明していただき、整備促進に向け対応されていることが分かりました。

▽ 太田副知事さんが、各市村の対応に謝辞を述べられ、この路線の重要性と構成市村に対して引き続き工事の状況や用地交渉等について、ご理解とご支援をお願いされているところです。


▽ 私が会長として、当同盟会の要望活動に対して、順調に要望内容の工事が進みますことをお願いし、お忙しい中ご対応していただきましたことに謝辞を述べさせていただき、要望活動が滞りなく終了しました。


 ご同席いただきました清澤県議会議員さんからも要望内容の説明をしていただきありがとうございました。
また、大変お忙しい中、太田副知事さんをはじめ長野県建設部の皆さんには要望活動にご対応いただき御礼を申し上げますとともに、ご出席いただきました各建設事務所の皆さん、そして2市3村の関係各位に感謝を申し上げます。

 「地域ぐるみで村じゅう花ざかり」事業の花壇・花畑の写真を、今年度も私がFacebookとTwitterとBlogで発信しています。
 午前7時50分頃、大日向区の花壇を撮影しました。こちらの区の花壇は、いつもテーマに沿った花壇の形に納得でき、アイディアに富んでいる素敵な花壇を造っていただいています。今回の花壇も中に大日向の「大」の横にラブとあり、大日向の絆の深さを表したのではと感じました。

▽ 大日向区の花壇を様々な方面から撮影しました。







 今年度も区の役員さんを中心にしっかり手入れがされていて、花々がとても鮮やかに咲き誇っていました。引き続き花々が綺麗に咲き続けられるために、水くれ、草取り、花摘み、などの維持管理をよろしくお願いいたします。



 その他生坂村では、保育園で身体測定、小学校5年生がキャンプ②、児童館でえいごであそぼ、ボランティア配食サービス、健康相談日等が行われました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「生坂村合併60周年記念花火... | トップ | 東筑摩郡村長会視察研修と上... »
最近の画像もっと見る

生坂村の報告」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL