燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

晴れときどき曇り

2018-02-24 | 本の紹介、その他
  闘魂外来―医学生・研修医の君が主役!〜病歴・フィジカルから情報検索まで臨床実践力の鍛え方を伝授します   羊土社   待望の新刊が発売中!「病歴と身体所見の診断学:検査無しでここまでわかる」こちらもお試しください。必ずやためになることでしょう。   好評のメルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」の最新内容を厳選編集した本の最新版「知っ . . . 本文を読む
コメント

緊急告知 2018年2月23日

2018-02-23 | お知らせ
  【アンケートにご協力お願いします】     研修医、 指導医のみなさんへ     院内、 院外で研修医に対して勉強会を行っている方も多いと思います。     しかしいろいろと悩みもあると思います。     指導医、 研修医の勉強会に対する現状を把握すべく、 アンケートにお答えいただければ幸いです。     数分で終わりますのでご協力よろしくお願いいたします。 . . . 本文を読む
コメント

髄膜炎鑑別診断アルゴリズム

2018-02-22 | 勉強会
  みなさん、こんにちは。     急性細菌性髄膜炎は後遺症が残ることがあり、死亡することもあります。     そのため、多くの急性髄膜炎の症例では、抗菌薬がエンピリックに投与されていることが多くなっています。         しかし、急性髄膜炎では、頻度的には無菌性髄膜炎が多く、そのほとんどはウイルス性(一部に薬剤性、自己免疫性、レプトスピラ性)です。     無菌 . . . 本文を読む
コメント

髄膜炎のケース:無菌性または細菌性?

2018-02-21 | 勉強会
  みなさん、こんにちは。       成人における市中の細菌性髄膜炎疑いにおける抗菌薬の初期選択では、グラム染色が大切です。       グラム染色では不明なとき、第3世代セファロスポリンに加えてバンコマイシン(高齢者ではアンピシリンも加える)の選択が勧められます。       また、肺炎球菌の可能性がほぼ確実で、かつ免疫抑制状態でなければ、抗菌薬投与の15分前にコ . . . 本文を読む
コメント

細菌性髄膜炎の症候と原因

2018-02-20 | 勉強会
  みなさん、こんにちは。     今回から髄膜炎の診断についてみてみましょう。         急性髄膜炎には、細菌性と無菌性があります。     急性細菌性髄膜炎は、髄膜における細菌性化膿性感染症であり、後遺症が残ることがあり、死亡することもあります。     症状には、頭痛、発熱、嘔気、嘔吐、項部硬直、倦怠感、意識障害などがあります。     診断は髄 . . . 本文を読む
コメント

Rule out DKA が必要なケース

2018-02-18 | 勉強会
  みなさん、こんにちは。   今回は別ケースです。   考えてみましょう。     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 症例 37歳女性   主訴 発熱・咳・黄色痰   現病歴 12年前より1型糖尿病にて通院中。   今回は2日前より38度台の発熱、咳、黄色痰にて診療所外来受診。   既往歴 1型糖尿病でインスリン自己 . . . 本文を読む
コメント

快晴、キャンプ日和

2018-02-17 | 本の紹介、その他
  闘魂外来―医学生・研修医の君が主役!〜病歴・フィジカルから情報検索まで臨床実践力の鍛え方を伝授します   羊土社   待望の新刊が発売中!「病歴と身体所見の診断学:検査無しでここまでわかる」こちらもお試しください。必ずやためになることでしょう。   好評のメルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」の最新内容を厳選編集した本の最新版「知っ . . . 本文を読む
コメント

DKA rule out criteria

2018-02-16 | 勉強会
  みなさん、こんにちは。     今回は前回のケースについての回答と経過です。         ここで下記論文の図にあるアルゴリズムをみてみましょう。       https://www.researchgate.net/profile/Yusuke_Tsugawa/publication/40730153_Vital_sign_triage_to_rule_out . . . 本文を読む
コメント

発熱・咳の糖尿病ケース、血液ガス分析すべき?

2018-02-15 | 勉強会
  みなさん、こんにちは。   今回はケースを提示しますので、考えてみましょう。     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 症例 35歳女性   主訴 発熱・咳   現病歴 10年前より1型糖尿病にて通院中。   今回は3日前より38度台の発熱、咳、黄色痰にて診療所外来受診。   既往歴 1型糖尿病でインスリン自己注射中。   身体所見 血圧 120 . . . 本文を読む
コメント

DKAのトリガー

2018-02-14 | 勉強会
  みなさん、こんにちは。       DKAの治療は、生理食塩水の大量投与、インスリンの補充、および低カリウム血症の予防。     そしてトリガーの治療です。 DKAは、下記のようなトリガー(4Is+1 と覚える)で起こります。   [1].   Infection 感染 [2].   Infarction 梗塞 [3].   Insul . . . 本文を読む
コメント