燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

総論 総合診療医のための感染症種類別抗菌薬使用期間ガイド

2016-09-18 | 勉強会
総合診療医のための感染症種類別抗菌薬使用期間ガイド
 
 
 感染症と菌の種類別の推奨使用期間について表に示す( サンフォードその他を参考に作成)。

 これらはあくまでも推奨期間の目安。

 実際には、 患者の全身状態、食欲、バイタルサイン、局所所見、画像、検査(ただしCRPにのみ依存してはならない!) などを総合的にみながら臨床判断する。

 尿路感染症のうち、 膀胱炎の治療は3日間の推奨なので、de- escalationを行うことはないだろう。
 
表:感染症と菌の種類別抗菌薬使用期間推奨
感染症の種類
抗菌薬推奨治療期間
A群溶連菌性咽頭炎
10 days
中耳炎
5-7 days
副鼻腔炎
10-14 days
<尿路感染症>
 
膀胱炎
3 days
腎盂腎炎
14 days
<市中肺炎>
 
Streptococcus pneumoniae
7-10 days(または解熱後3日間)
Hemophilus influenzae
10-14 days
Mycoplasma pneumoniae
7-14 days
Legionella
7-21 days
Chlamydophila pneumoniae
7-14 days
PCPAIDS患者)
21 days
肺膿瘍
4-6 weeks
<院内肺炎(医療関連肺炎>
 
ブドウ糖非発酵菌性肺炎*
14 days
上記以外の院内肺炎
7 days
<髄膜炎>
 
Streptococcus pneumoniae
10-14 days
Neisseria meningitidis
7 days
Hemophilus influenzae
7 days
Listeria moncytogenes
21 days
<心内膜炎>
 
α-Streptococcus 
4 weeks
Staphylococcus aureus
4-6 weeks
<カテーテル関連血流感染症>
 
CNS
5-7 days
Staphylococcus aureus
4-6 weeks
Enterococcus spp.
7-14 days
GNR
7-14 days
Candida spp.
血培最終陰性から14 days
<その他の感染症>
骨髄炎
4-6 weeks
腹膜炎
10-14 days
Clostridium difficile感染症
10-14 days
<肝膿瘍>
 
細菌性肝膿瘍
4-8 weeks
アメーバ性肝膿瘍
10 days
<その他の感染症2>
蜂窩織炎
局所炎症消失後 3 days
骨盤内炎症性疾患
14 days
Pseudomonas spp.Burkholderia spp.Acinetobacter spp.Stenotrophomonas spp.Chryseobacterium spp.Achromobacter spp.

 

胸部画像プレゼンテーションが上手になる本 (「ジェネラリスト・マスターズ」シリーズ 11)
徳田安春
カイ書林

 

徳田安春、荘子万能の「徳田闘魂道場へようこそ」こちらポッドキャストにて配信中、是非お聴き下さい。

 

テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2016パート2(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」こちらいかがでしょうか。

  

臨床推論の総論とピットフォールをマンガでサクッと1時間以内に習得できます。エキスパート診断医への一歩を踏み出すことができます。「マンガ臨床推論~めざせスーパージェネラリスト~」こちらも合わせていかがでしょうか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特別掲載 フィジカルの尤度... | トップ | 総論 静注抗菌薬と内服抗菌薬 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む