燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

肺炎のマネジメント~ある医学生のノートより~

2017-05-19 | 闘魂症例検討会
 
肺炎では3つを決定する。
 
 
起因菌、抗菌薬、どこで(自宅、病室、ICU)治療をするかということ。
 
 
治療の鍵は肺炎球菌カバーと非定型肺炎(マイコプラズマ、クラミドフィラ、レジオネラ)カバーをするかということ。
 
 
また、経口抗菌薬選択で重要なのは、コストと最近、抗菌薬が使用されたかということ。
 
 
最近抗菌薬が使用されていれば耐性菌が関連している可能性がある。
 
 
非定型肺炎に妥当なのはマクロライド系、テトラサイクリン系、フルオロキノロン系。

 

 

症候別“見逃してはならない疾患
徳田安春
医学書院

 

待望のシリーズ第三弾!テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2017(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

こんなとき フィジカル1と2」立ち読みできます。是非どうぞ。

 

徳田安春、荘子万能の「徳田闘魂道場へようこそ」こちらポッドキャストにて配信中、是非お聴き下さい。

 

臨床推論の総論とピットフォールをマンガでサクッと1時間以内に習得できます。エキスパート診断医への一歩を踏み出すことができます。「マンガ臨床推論~めざせスーパージェネラリスト~」こちらも合わせていかがでしょうか。

 

一般向け健康情報ブログ「総合診療医からの健康アドバイス」。こちらもご覧下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市中肺炎の鑑別診断~ある医... | トップ | 月曜からお知らせ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む