燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

身体所見による循環容量減少の診断

2017-07-01 | 勉強会
 
McGeeらの報告による、それぞれの身体所見の検査特性を表1に示す。
 
 
ここでは「循環血液量の減少」をアウトカムとしている点に注意する。
 
 
 
表1:循環容量減少に対しての各身体所見の検査特性
 
感度(%)
特異度(%)
陽性尤度比
陰性尤度比
頻脈(毎分30以上の上昇)
43
75
1.7 
0.8 
起立性低血圧
29
81
1.5 
0.9 
腋窩の乾燥
50
82
2.8 
0.6 
口腔粘膜の乾燥
85
58
2.0 
0.3 
舌の乾燥
59
73
2.1 
0.6 
舌表面の縦のしわ
85
58
2.0 
0.3 
眼のくぼみ
62
82
3.4 
0.5 
意識レベルの低下
57
73
2.1 
0.6 
四肢の脱力
43
82
2.3 
0.7 
不明瞭な発語
56
82
3.1 
0.5 
毛細血管血流回復時間延長
34
95
6.9 
0.7 
 
注:右側にもう一項目あります
 
 
 
写真 杏林大皿谷先生の肺音録音セット

 

 

 

Dr.徳田の診断推論講座
徳田安春
日本医事新報社

 

こんなとき フィジカル1と2」立ち読みできます。是非どうぞ。

 

臨床推論の総論とピットフォールをマンガでサクッと1時間以内に習得できます。エキスパート診断医への一歩を踏み出すことができます。「マンガ臨床推論~めざせスーパージェネラリスト~」こちらも合わせていかがでしょうか。

 

待望のシリーズ第三弾!テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2017(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

徳田安春、荘子万能の「徳田闘魂道場へようこそ」こちらポッドキャストにて配信中、是非お聴き下さい。

 

一般向け健康情報ブログ「総合診療医からの健康アドバイス」。こちらもご覧下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今回のケースの解説 | トップ | エコーによる循環容量の検査 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

勉強会」カテゴリの最新記事