燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

薬剤熱の臨床ポイント

2017-07-31 | 勉強会

1. 薬剤熱の頻度は以外に多いです。
 
 
薬剤服用中の患者で原因不明の発熱をきたした場合には薬剤熱の可能性も考えるとよいでしょう。
 
 
薬剤熱をきたす頻度の多い薬剤は抗菌薬・抗けいれん薬・循環器系薬・抗腫瘍薬です。




2. 不明熱の鑑別では、薬剤熱は感染症に次いで2番目のカテゴリーとして考えるとよい。
 
 
第4の鑑別とすると、推論として後回しにされるおそれがあります。
 
 
原因と思われる薬剤を中止(変更)し、注意深い観察をおこなって、解熱するかどうかを観察しましょう。
 
 
解熱するまでの予測時間では薬剤の半減期を考慮。




3. 薬剤熱の診断は臨床状況証拠で行います。
 
 
薬剤熱診断において、感度と特異度のよい検査はいまのところ存在しません。
 
 
好酸球増多がなくても薬剤熱はありえます。
 
 
 
 
写真  シーサー

 

 

 

鑑別診断ネモニクス
徳田安春
メディカルサイエンスインターナショナル

 

臨床推論の総論とピットフォールをマンガでサクッと1時間以内に習得できます。エキスパート診断医への一歩を踏み出すことができます。「マンガ臨床推論~めざせスーパージェネラリスト~」こちらも合わせていかがでしょうか。

 

好評のメルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」の最新内容を厳選編集した本の最新版「知っておくと役に立つ最新医学2017パート2」が出ました。一般の方々の役に立つ最新医学知識を満載。グローバル・スケールでの先端医学のホットな話題もわかりやすく解説。特徴はテレビや新聞より早いグローバルな情報、科学的に正確なエビデンスに基づく情報です。

 

こんなとき フィジカル1と2」立ち読みできます。是非どうぞ。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

徳田安春、荘子万能の「徳田闘魂道場へようこそ」こちらポッドキャストにて配信中、是非お聴き下さい。

 

一般向け健康情報ブログ「総合診療医からの健康アドバイス」。こちらもご覧下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緊急! 臨床推論のセミナー... | トップ | 薬剤熱の診断 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

勉強会」カテゴリの最新記事