燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

麻黄やエフェドリンの輸入

2017-10-18 | 勉強会
 
2004年までエフェドリンの販売が自由であった米国では、ダイエット(食欲低下作用)、ボディービルディング、ドーピング(エネルギー代謝・心駆出力の増強)、花粉症対策などにも使用されていました。
 
 
 
 
しかし精神異常、けいれん発作、心不全、不整脈、死亡など副作用報告が多発したのです。
 
 
 
 
日本では従来からエフェドラの成分4種類が医薬品となっており、麻黄やエフェドリンの輸入はエフェドリン含有サプリメントやお茶類も含めて禁止されています。
 
 
 
 
麻黄やエフェドリンは正式な輸入が禁じられてますが、個人輸入や代行輸入されているダイエット商品や喘息薬などに違法に混入されていることもあります。
 



今回のCASEでも、飲食店を経営する知人が個人輸入をしていたのでした。
 
 
 
 
写真   幻の島での風景

 

 

 

病院での感染症をどう予防するか: プロジェクトの立ち上げと現場で役立つ対策
 
西村書店

 

好評のメルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」の最新内容を厳選編集した本の最新版「知っておくと役に立つ最新医学2017パート2」が出ました。一般の方々の役に立つ最新医学知識を満載。グローバル・スケールでの先端医学のホットな話題もわかりやすく解説。特徴はテレビや新聞より早いグローバルな情報、科学的に正確なエビデンスに基づく情報です。

 

徳田安春、荘子万能の「徳田闘魂道場へようこそ」こちらポッドキャストにて配信中、是非お聴き下さい。

 

こんなとき フィジカル1と2」立ち読みできます。是非どうぞ。

 

臨床推論の総論とピットフォールをマンガでサクッと1時間以内に習得できます。エキスパート診断医への一歩を踏み出すことができます。「マンガ臨床推論~めざせスーパージェネラリスト~」こちらも合わせていかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

一般向け健康情報ブログ「総合診療医からの健康アドバイス」。こちらもご覧下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麻黄からの成分医薬品はこん... | トップ | 精神興奮作用を有する薬物「M... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

勉強会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事