燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

知的作業のヒント

2016-10-16 | ブログ

知的作業のヒント

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は、効果的な知的作業のための戦略を紹介する。

最新脳理論によって、脳が最高レベルで機能できるような環境と時間設定が重要である。

とくに雑音や中断を避けることが必要。

次のような状況では、生産的な高度知的作業は困難だろう。

●飲酒後
●睡眠不足
●仕事後での夜遅くの作業などで脳が疲れた状態
●ノイズが多い環境(電話がガンガン鳴り、周りのおしゃべりが多い相部屋)
●集中力を妨害するような音楽(ハードロックやヘビーメタルなど)

逆に、次のような状況は知的生産作業に適している。

●早朝(睡眠後の脳がフル回転の準備万端であり、しかも静かである)
●仮眠後(15分でも仮眠を取ると脳が再活性化される)
●インスツルメンタル系のジャズや静かなクラシック音楽をBGMに使用する
●適度なカフェイン入りのコーヒーやココア、お茶などを飲む
●早朝のカフェ(まわりの客も少ない)

このうちとくに推薦したい戦略は「早朝の知的作業」である。

知的生産能力を最大限に発揮するため朝を有効活用するのである。

英文論文執筆のような高度に知的な作業では、大脳が一番冴えた状況で行うべきである。

ある著名な女性作家は、毎晩8時に床に入り、朝2時に起きて執筆作業をしているという。

早朝の1時間の作業は夕方の3時間に匹敵するといわれており、ボーっとした頭であくびをしながら作業するより、早く寝て早く起き、すっきりした頭で作業したほうがよほど効率のいい知的生産が可能となる。

ただし、さらに高度な知的生産術を身に着けた場合、上記の条件が不要となる。

これを「超然の術」という。これについては次回に紹介する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

ケーススタディでわかる脱ポリファーマシー
徳田安春
南江堂

 

徳田安春、荘子万能の「徳田闘魂道場へようこそ」こちらポッドキャストにて配信中、是非お聴き下さい。

 

テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2016パート2(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」こちらいかがでしょうか。

 

臨床推論の総論とピットフォールをマンガでサクッと1時間以内に習得できます。エキスパート診断医への一歩を踏み出すことができます。「マンガ臨床推論~めざせスーパージェネラリスト~」こちらも合わせていかがでしょうか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 総合的診療を学ぶ特訓ゼミ第3... | トップ | 超然の術 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

ブログ」カテゴリの最新記事