燃えるフィジカルアセスメント

総合診療医Dr徳田安春の最新医学情報集

ではケースの経過をみてみましょう

2017-10-13 | 勉強会
  救急室では高血圧性心不全の診断で、利尿剤と血管拡張剤を投与され総合内科入院となりました。     入院後、詳細な病歴聴取に基づいて、内服していた「薬草」の成分を調べたところ、「麻黄」であることが判明。     これによる精神興奮作用による妄想・幻覚・異常行動と急激な血圧上昇による高血圧性心不全の最終診断となったのです。 &n . . . 本文を読む
コメント