総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

診断エラー研究

2017-05-18 09:21:22 | 医療情報
 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。ブルッ。今朝の沖縄地方は平年に比べ、だいぶ気温が下がり、四月の上旬並みの気温になりました。みなさん慌てて長袖をたんすの奥から引っ張り出した方も多かったのではないかと思います。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、お気をつけ下さい。では、本題へ。
 
 
 
 
 診断エラーについて、さまざまな研究が行われています。


 外来や入院などの診療場面でやや異なるものの、エラーの割合は5~10%程度です。


 ただ、エラーが全て有害な事象(医療事故)につながることは少なく、時間経過で検査が追加されるにつれてエラーが是正されたり、診療チーム(他の医師や看護師、コメディカル)の他のメンバーのカバーによってエラーが是正されたりするので、事故に直結する割合は少ないのです。



 また、診断エラーは「まれな疾患」でおこるよりは、非典型的症状をみたコモンな疾患の患者に対する診断で起こることが多い、ということもわかっています。


 むしろ、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓などの、コモンで緊急性の高い疾患でおこることが多いのです。

 

(本文の内容と関係ありません)

 

待望のシリーズ第三弾!テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2017(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 診断エラーを減らす取り組み... | トップ | 診断エラーの重要性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL