総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

旅行中に多い病気

2017-07-12 10:16:05 | 医療情報
 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。荒れる大相撲名古屋場所は、早くも稀勢の里が二敗目。横綱鶴竜は休場。と波乱の様相を呈しています。おそらくは白鵬の1人勝ちでしょうかね。今場所は最多勝もかかっていますから。いずれにしても、頑張れ宇良関。では、本題へ。
 
 
 
 
 病気の種類で最も多いのは下痢、いわゆる旅行者下痢症です。
 
 
 ただし、下痢による旅行者の死亡率は低いです。
 
 
 
 
 死亡原因でみた場合、心臓病による死亡が最も多く、次に交通事故、溺水(溺れて死亡すること)となっています。
 
 
 心臓病による死亡の多くは、もともと心臓病の危険因子(喫煙、高血圧、糖尿病など)を持っている人々に起きています。
 
 
 
 
 頻度の多い下痢などを代表とする感染症は旅行につきものの印象がありますが、感染症による死亡は、全死亡ケースのうち約1%と、意外と少ないです。
 
 
 
 
 下痢以外には、マラリアやデング熱の頻度が多いですが、感染症の内容は地域差が強いので、渡航前に医師などと健康相談をしておくことをお勧めします。
 
 
 
 
 ワクチンや薬剤内服(マラリアなど)による予防が確立している感染症があるので、渡航前に余裕を持った期間を確保して受診することが重要です。
 



 その他に頻度の多い健康問題は、体内時計のリセット困難(時差ボケ)、脱水、日焼け(ひどい場合にはやけどの状態にもなります)、下痢症以外の水関連の健康被害(溺水寸前やダイビング・ボートでの事故)などがあります。

 

曇っていてもこの青

 

好評のメルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」の最新内容を厳選編集した本の最新版「知っておくと役に立つ最新医学2017パート2」が出ました。一般の方々の役に立つ最新医学知識を満載。グローバル・スケールでの先端医学のホットな話題もわかりやすく解説。特徴はテレビや新聞より早いグローバルな情報、科学的に正確なエビデンスに基づく情報です。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旅行と健康 | トップ | 旅行前の予防対策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL