総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

ウェルネス向上のための運動

2017-02-09 09:31:01 | 医療情報

 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。またですか。先日、埼玉県で接触事故を起こし、警察が調査している中、車を動かそうとした七十代の男性が、ブレーキとアクセルを踏み間違えて、警官と作業員をひいたそうです。また高齢者による事故です。免許証返納と公共交通の更なる便利さの向上を期待したいです。では本題へ。

 

 

 個別の病気の状態をアウトカムとするのではなく、人間の体全体を考えた「ウェルネス」をアウトカムとして、その要因をしらべてみるという試みが最近注目されています。

 


 そのなかで、最も良い因子は「運動」でした。


 一方、もっとも良くない因子は「喫煙」でした。


 慢性の病気などを対象としたとしても、運動は薬物療法に匹敵する効果があることが大規模な研究で証明されています。


 糖尿病、冠動脈疾患、脳梗塞、心不全などの予防効果をみる研究でも、運動療法は非常に有効な介入であることがわかりました。

 


 しかしながら、高血圧に対する適切な降圧療法(降圧剤内服)などはやはり効果的な治療介入ですので、自己判断で運動のみ、とするのは避けましょう。

 

 

港内なのに水が透き通ってます

 

待望のシリーズ第三弾!テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2017(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウェルネス志向とは | トップ | ウェルネスに対する決定的要因 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL