総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

運動療法のインセンティブ

2017-08-09 11:30:09 | 医療情報
 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。高校野球の頂点、夏の甲子園が始まりました。日本も本格的な夏を迎えました。この暑い中、白球を追う球児を見ると、どこか懐かしさを感じるのはどうしてでしょうか。無事に夏を越していきたいものです。では、本題へ。
 
 
 
 
 これについて行われた研究をみてみましょう。
 
 
 
 
 それぞれのグループは、次のようなインセンティブ(動機付けのための利益供与)で介入が行われました。
 
 
 介入を行わない対照群(A群)、17000歩を達成したら1ドル40セント(日本円で200円程度:2016224日時点のレートによる)が与えられる群(B群)、目標達成でスピードくじ(期待利益が1ドル40セント程度のくじ)が与えられる群(C群)、というグループ別介入です。
 
 
 
 
 そして、もう1つの群では、最初に1月分(42ドル:日本円で6000円程度)の利益を与え、1日の歩行目標達成がなければ1ドル40セントずつ引いていく(D群)、というものでした。




 B群は「得」インセンティブ、C群は「くじ」インセンティブ、と呼ばれるのに対して、D群は「損」インセンティブと呼ばれました。


 A群は利益ゼロですが、BCD群は全く同じ利益の期待値となります。
 
 
 
 
 この研究は13週間おこなわれ、結果は次の通りでした。


 A群では13週間のうち30%が7000歩を達成し、B群では35%、C群では36%でした。
 
 
 そして驚くべきことに、D群では45%の期間中の日数で目標を達成できていたのです。
 
 
 
 
 まず利益を与えておき、そのあとで引いていく方法の目標達成率が高いのです。

 

 

柵の中はクレソンの畑

 

好評のメルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」の最新内容を厳選編集した本の最新版「知っておくと役に立つ最新医学2017パート2」が出ました。一般の方々の役に立つ最新医学知識を満載。グローバル・スケールでの先端医学のホットな話題もわかりやすく解説。特徴はテレビや新聞より早いグローバルな情報、科学的に正確なエビデンスに基づく情報です。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後で後悔しないように行動する | トップ | のちのち後悔しないように »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事