総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

放射線被爆の長期健康被害

2017-04-24 09:12:31 | 医療情報
 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。昨日のチャンピオン井岡選手は判定で勝ったものの、相手が百戦錬磨のベテランということもあり、やりにくそうでしたね。やりにくいと言えば、公式戦ではないものの、あの羽生三冠が14歳の藤井四段に敗れるという波乱がありました。藤井四段はどこまで強くなるのでしょうか。楽しみです。では本題へ。
 
 
 
 
 広島と長崎の原爆生存者長期フォロー研究が、放射線被曝の長期的影響について明らかにしています。
 
 
 
 
 第一に、被曝でがんが増加しました。
 
 
 高線量ほどそのリスクは高まっていました。


 0.1グレイ以上の被曝で明らかにがん発症のリスクは高まっていました。
 
 
 膀胱がん、乳がん、肺がん、脳腫瘍、卵巣がん、大腸がん、食道がんが増加していました。
 
 
 
 
 また、高線量被曝では心血管系疾患が増加していました。
 
 
 胎児期に被爆すると、生後の脳と身長の発育に悪影響がありました。
 
 
 一方、被爆者の子供たちや孫たちに遺伝的疾患の増加は確認されませんでした。
 
 
 
 
 チェルノブイリ原発事故のデータでは、子供たちに甲状腺がんの発生が増加していました。
 
 
 これは、原発事故では放射性ヨードの被曝が大きいためです。
 
 
 
 
 また、被曝による精神心理的な影響は深刻でした。

 

 

 

待望のシリーズ第三弾!テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2017(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 博士の異常な愛情 | トップ | 原発事故の健康被害 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL