総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

地球温暖化による亜鉛欠乏

2017-04-19 09:55:45 | 医療情報
 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。しかし暑かったですね。昨日の関東地方は朝は嵐のような雨風でしたが、ところが一転、午後には晴れて、群馬県高崎市では沖縄県を除くと今年最初の真夏日を観測しました。四月の中旬としては記録的にアイスクリームが売れたそうです。これも地球温暖化の影響ですかね。では本題へ。
 
 
 
 
 亜鉛は人体にとって必須な微量元素です。
 
 
 そのため、一定量の摂取が必要となります。
 
 
 免疫能の維持や胎児や子供の成長に必須です。
 
 
 亜鉛の供給は、海産物や穀物の摂取によって行われます。
 
 
 亜鉛の欠乏で、下痢、味覚障害、免疫障害、傷が治りにくい、などが起こります。
 
 
 
 
 地球温暖化で大気中のCO2濃度が上がると、穀物中の亜鉛の含有量が減ることが、証明されています。
 
 
 大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の上昇により、コメや小麦などの主要穀物の栄養成分が大きく減るとの研究結果が、英科学誌ネイチャー(Nature)に昨年発表されました。
 
 
 小麦、コメ、エンドウマメやダイズで、亜鉛の減少が実際に確認されています。
 



 葉酸欠乏と同様に、多くの発展途上国において亜鉛欠乏で苦しむ人々が多く出てくることが危惧されます。


 (やはり)環境異常で被害を受けるのはこうした人々であり、地球環境的「弱者」なのです。

 

 

待望のシリーズ第三弾!テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2017(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地球温暖化による葉酸欠乏 | トップ | 核戦争の恐怖 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL