総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

予防医療としての検診の例:大腸内視鏡

2017-03-30 09:23:30 | 医療情報
 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。今日は全国的に暖かい一日になりそうです。でも土曜日は、関東地方で最低気温が3℃の予想。山間部ではもしかしたら雪になるそうです。もう四月ですけどね。まだまだ完全には春にはなってませんね。では本題へ。
 
 
 
 同じ検査でも、症状を有する患者に対する「診断」から、一次~三次予防の「検診」としてまで広く利用されています。


 症状のある人に対する検査は予防医療ではありません。
 



表:大腸内視鏡検査のレベル分類
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

診断検査:血便などの症状のある患者さんに対しておこなうとき


検診検査

1.      一次予防:大腸がんの危険因子である大腸ポリープの切除

2.      二次予防:無症状の人々に対するがん検診

3.      三次予防:がん手術後の定期的検査
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 


 よく、「血便や便秘があるので大腸がん検診を希望します」「咳・血痰があるので肺がん検診を希望します。」を外来で聞くことがあります。


 この場合は、「症状」があるので、検診ではなく、「診断」を受ける必要があります。




 症状がある人は人間ドックを受けてはいけません。


 人間ドックは検診だからです。


 通常の外来で診断を受けましょう。

 

 

待望のシリーズ第三弾!テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2017(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 二次予防と三次予防 | トップ | お休みします。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL