総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

食事量の小サイズ普及のための工夫

2017-07-08 10:39:39 | 医療情報
 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。沖縄地方はここ二、三日は連日33度近い気温。まあ、観測所は芝生の上に設置された百葉箱の中にある温度計です。実際の気温はもっと上。しかも、直射日光だと大変な暑さです。不要不急の外出は控え、クーラーを利用するなどして、水分も補給して、お過ごし下さい。では、本題へ。
 
 
 
 
 食事量を小サイズにすることを普及していくためには、一般の人々の理解と受け入れが重要です。

 
 
 
 レストランでもこの方策を導入するように何らかのインセンティブを与えることが有効です。
 
 
 
 
 また、家庭でも健康的な食生活についての教育が重要です。


 TVをみながらの食事は摂取量が増えます。
 
 
 バイキング方式で山盛りのメニューをテーブル中央に置いて、好きなだけ食べてよい、とすると競争心を刺激してどんどん食べてしまいます。
 
 
 脂肪や糖分が多いと全体のカロリーは当然増えていきます。
 
 
 
 
 食事の時間は楽しい団らんの会にしましょう。


 TVは消して、バイキング方式を止め、食事サイズは小さめにしましょう。
 
 
 もちろん、偏食はいけません。
 
 
 タンパク質、脂肪、炭水化物の適切なバランスを考えながら、野菜・果物・魚類を上手に利用し、ナッツ類やオリーブオイルも活用しましょう。

 

 

恩納村のビーチ

 

好評のメルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」の最新内容を厳選編集した本の最新版「知っておくと役に立つ最新医学2017パート2」が出ました。一般の方々の役に立つ最新医学知識を満載。グローバル・スケールでの先端医学のホットな話題もわかりやすく解説。特徴はテレビや新聞より早いグローバルな情報、科学的に正確なエビデンスに基づく情報です。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スモールサイズによるダイエ... | トップ | ダイエットにおける日本食の弱点 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL