総合診療医からの健康アドバイス

健康や医療に関する情報をわかりやすくお届け致します
ステキな沖縄の風景も少しお届けします

AI による診断の広がり

2017-05-26 09:45:49 | 医療情報
 皆様こんにちは。総合診療医からの健康アドバイスの時間です。大相撲の夏場所は三連覇がかかっていた、横綱稀勢の里が怪我のため休場しました。完全に治してから復帰してください。無理は禁物です。強いのはやはり白鵬ですね。去年の夏場所以来優勝がないこともあり、今場所は気合が違いますね。高安も頑張れ。では、本題へ。
 
 
 
 
 当たり前ですが、AIと医師は異なります。
 
 
 まず、医師より診療費が安価です。
 
 
 診療予約を取るために仕事や学校を休む必要がありません。
 
 
 また、ある患者は、人間である医師よりは、AIに診てもらいたいという希望もあるという調査結果もあります。
 



 AI医療システム開発企業のCHCFはカリフォルニア州での一般的な利用がなされることを目指しています。
 
 
 一方で、同様なAIシステムがさまざまな医学診断に参入してきています。
 
 
 患者の咳の音声を聞き分けて鑑別診断を行うAI
 
 
 
 
 また、睡眠時のいびき音や呼吸状態を聞き分けて、睡眠時無呼吸症候群の診断サポートを行うAI、などがあります。
 
 
 ポリソムノグラフィーなどの入院を前提とした検査を、AIが代わりに患者の自宅で診断してくれるというものです。
 

 

(本文の内容と関係ありません)

 

待望のシリーズ第三弾!テレビや新聞より早いグローバルな情報や科学的に正確なエビデンスに基づき、サプリなどの宣伝なしの信頼性の高い中立な情報をお届けします。キンドル版「知っておくと役に立つ最新医学2017(ノンフィクション)」こちらいかがでしょうか。

 

科学的根拠に基づく最新医学情報とグローバル・スケールでの先端医学のホットな話題を提供し、わかりやすく解説します。メルマガ「ドクター徳田安春の最新健康医学」。2016年のメルマガまぐまぐ大賞「健康」部門5位に選ばれました。

 

迅速・的確なトリアージができる!ナースのための臨床推論 [単行本] [2016] 徳田安春、こちらナースの皆様はもちろん、これからナースを目指す方、看護の情報を知りたい方にもどうぞ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 診断における人工知能の応用... | トップ | 今回はお休みします »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

医療情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL