ボク、アブラエノグデプラモヌル。

模型製作の忘備録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

10/26レオパルト LEOPARD 4

2016-10-26 11:02:57 | LEOPARD 製作

残った細い部分をやっつけました。

溶接跡を作りました。

細いプラ棒を瞬間接着剤で貼りつけます。

定番のWAVEの三本入りの瞬着は画像のように洗濯ばさみをスタンドにすると便利。

 

 

 

流し込み接着剤で溶かしながらデザインナイフのお尻で跡をつけます。

 

 

 

できた。

 

 

 

手の甲のディテール、抽象化されすぎていてなんなのかわからないですがきっとこういうことだと思う。

パイプには画像のものを使用。プルンプルンの軟質樹脂製です。

針金入りのよくあるケーブルよりもアールが自然にできるのです。

瞬着の効きも強いしとても便利。

数年前に千葉のタム・タムで購入。

ひと袋5本で約500円と結構お高かったんですが、手放せないパーツになりました。

今でも手に入るのかな。使い切る時が怖い。

 

 

 

下腕につけるとこんな感じ。

 

 

 

あとはお約束の真鍮線ガード。

 

 

 

 

工作が済んだのでサーフェイサーを塗りました。

ちびた平筆一本でガシガシと全部塗りました。

ダマも指紋もご馳走くらいの気持ちで。

 

 

 

二色で塗り分ける効果があるかは不明w

なんとなく気分で。

あちこちのレンズ、せっかく透明パーツだったのに全部塗りつぶしてしまいました。←平筆で塗るからだ。

 

 

 

 

ガシガシ塗っていたらかかとカバーが取れました。

瞬着三点どめじゃダメか。

真鍮線をさしました。

切断面はペンチで切ったままの三角が良い(後述)。

 

 

 

穴の奥に伝わってくれることを期待して最初は低粘度の瞬着で。

 

 

 

 

黒瞬着でへこみ埋め。

 

 

 

 

削って出来上がり。(三角の方が露出が少ないわけです。金属パーツの段差浮き出る問題って意外と手強いですよね)

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月 アンモナイツ ammoknights 追加工作

2016-10-17 22:22:04 | MK44 アンモナイツ製作
アンモナイツのマスクが俯き気味なのが気になるのです。
製作途中までは天地逆に貼っていたくらいで。

いったんはまあいいかとしたものの、毎日眺めているとどうにも我慢がならず、2016年9月、追加工作しました。

下からのこを入れて、、、エーこの後の写真がないのですが汗、、、切断するのではなく上端はくっついたままにします。
次に、下に1mmのプラ片をかまします。
スキマを黒瞬着で埋めます。
整形(あえて加工跡が残る程度に)

側面ボコボコしているのがわかると思います。このくらいの方がかっこよい。


全身像


写真だと違いはわからないですね。かっこよく見える角度でとっていたからね。


あともう一つ、大事なこと。
製作記事中で、ブレンディングぼかし迷彩はブレンドしてできる色がきれいじゃないと成立しないと記しました。
実際にもおこなっていません。

でも、マスクの追加塗装で今更ながらつかんじゃいました、コツ。

混ぜるのではなく、上に置く。

今回はグレーを先に塗りました。その上からピンクを置く。シャカシャカブレンドはしない。
境界線が強すぎるなと思ったら、またグレーを境界に置く。
そんなことを繰り返していると、やんわりとたがいの色が下から透け、境界もぼやけてくれました。
変な汚らしい色にもなっていません。

なるほどねっ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

15年5月〜16年8月 ポーラーベア POLARBEAR 追加塗装

2016-10-17 21:44:18 | アーケロン、ポーラーベア製作
いったんは完成としたものの、なんかあっさりしすぎていて物足りないなと感じて肩に黄色を塗りました。
そうしたら主張が強すぎて塗った黄色を落としたり。
そこら辺のあたふたぶりの一部はアンモナイツの製作記にのせました。
最終的には黄色は必要だが、他の要素が多すぎてうるさいのでそれを間引くとすることで気が済みました。




14年8月



途中経過のあたふた
15年5月

15年8月
16年6月



要素を間引く
16年8月


左胸のエンブレムと右背中のコーションレターをはがしました。
太股や背中の白と、肩の黄色をぼやかしました。
これで満足(^ ^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シーピッグ SEAPIG 2015/09/10〜2016/10/06

2016-10-17 16:35:46 | 完成品

ぶひ(00)


手をつけてからで数えると完成まで一年一ヶ月かかっているのですが、実際にはアンモナイツの合間に作っているのでサクッと出来上がった印象です。

 

 

 

胴の下端を延長したのが非常にお気に入りです。

S.A.F.S.系を作る時の必須改造にしよう。

 

 

では、いろんな角度からどうぞ。

 

 

 

 

 

 

我ながら白の複雑な色味が素晴らしいと思いますw

でも、いわばステージ1から2へランクアップした時の、一番肝心な塗装過程を覚えていないんですよね。

生粋の酒餅モデラーなんで。

色を混ぜてニュアンスをつけた白を塗り重ねていただけのつもりだったのですが。

 

酒のおかげで新たな技法を見出し、酒のせいでその得た技法を忘却する。

 

深遠なり。

 

覚えていることだけメモしておくと、、、

 

刷毛跡が強いのは白の特性です。

これはプラカラーでも同じで、白は塗る時の感触がボテボテしていると思います。

同じ塗料でも色によって塗り心地って違いますよね。

 

あとは薄めた茶色で墨流しをした後処理。

油絵の具なので墨流しをしてもすぐには乾かないわけで、それを機体色で模型の上でブレンディングしてなじませています。

このことで塗色にさらにニュアンスがつけくわえられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10/12 レオパルト LEOPARD 2

2016-10-17 09:58:32 | LEOPARD 製作
上半身の作成

このキットの唯一にして最大の問題点が肩幅ですよね。
パイロットの腕は一体どういうことになっているのか。


でも、ウェーブさんの苦悩もわかります。
横山先生のオリジナルモデルもニットーのキットもこの肩幅だったものを、30年後の今になって改変することが正しいのか、変であることを承知で歴史を尊重するべきか。

僕はいちユーザーなので構わず肩幅詰めちゃいますよ。
なるべく簡単に、追加のパーツは使わない方針で行きます。
やってみると意外と簡単で、ひょっとして設計者さんがあらかじめ仕込んでくれていたのかなと推測してみたり。



矢印の奥にある障害物を削り落として、、、

丸をつけた突起を切り落とせば、肩のポリキャップを奥まで差し込める理屈です。
後は干渉する部分を取り除く必要はありますが。



こんな感じー。

この加工をしても、玉突き事故的に隣接する部品も加工する必要が出てくる、とはならないのがありがたい。
プラ片で補強とかの必要すら生じません。
完全にE2(E3)とA11(A12)の二つのパーツの加工だけで完結します。



一見肩装甲が固定できなくなったかのようですが、、、

ポリキャップをさせばそれが押さえになります。

あとは二の腕も加工します。

ポリキャップを上下逆にすると、より深くさせます。
周辺のピンは削りました。


だめ押しでポリキャップの余白も切り落としちゃおう。


ここも干渉するので削りました。

はい、出来上がり。

中の人が見える状態だと、まだ肩幅が広すぎるかもしれませんが、今回はこれで充分満足です。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加