Espressivo!

熊本市での新生活、育児、趣味、キャリアについて。

客観的指標が欲しい

2017年05月16日 | ピアノ
ピアノの先生を探す時、一番難しいのはその先生の指導の力量を見極める力。

結局、自分のそういう力が未熟だと痛い目に遭うなぁと。
(前回思い知った)

ただ、お互いのためにピアノ講師の指導力とか
演奏する力の客観的指標があったらよりいい気がする。

関係者だと、どこの大学でどの先生に師事していたかで、
大体分かるんだろうけど・・・

完璧な先生は絶対にいないけれど、
「尊敬」の気持ちが生まれない先生にお金と時間は使いたくない。

今、指導を受けたい先生のレッスンの空き待ちの間、
少しでも練習を進めようと思い、
近所の先生と連絡取っている所ですが、どうなるかなぁという感じ。

子育ても、自分のキャリアも、上手くなりたいピアノも、
自分で哲学して答えを導きだしていかなければならないのは、
楽しくもあり苦しい時間です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 希望の係になりました | トップ | 力が落ちたところ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。