紘一郎雑記帳

多くの講師の講演から面白い情報をお届け癒します。

NHKは押し売り商法ではないか?  紘一郎雑記帳

2016-10-18 00:47:58 | Weblog

NHKは押し売り商法ではないか?  
紘一郎雑記帳

NHK「ワンセグの契約が何台あるかなど調べようがない。
調査もしない。それでも受信料は徴収する」

 NHKの籾井勝人会長は定例記者会見で、
「ワンセグ携帯も受像器の一つだ」として、
これまで通り受信料を徴収する考えを示した。
さいたま地裁がワンセグ放送を受信できる携帯電話を
持っているだけでは受信料を支払う「義務はない」
と判断したことに反論した。総務省は
NHK
契約実態を調べるよう求めたが、
籾井氏は「ワンセグの契約が何台あるかは調べようがない」と述べ、
調査しない考えも示したようです。
NHKはさいたま地裁の判決を不服として控訴している。
籾井氏は「総務省は我々の解釈を支持してくれると期待している」と話した。
NHK広報局は「ワンセグ付き携帯を保有していることを理由に
受信契約を結んでいるケースはあるが、件数は把握していない」と説明。
「ワンセグ放送が始まった
20064月から契約の対象にしている」
というそうです。

NHKに受信料を支払う「受信契約」について、
放送法
64条は「(NHKの)放送を受信できる受信設備を
設置した者は受信についての契約をしなければならない」
と定めているようです。一般家庭との契約は世帯ごとに
NHKが結び、推計で全世帯の79%が受信契約を結んでいるという。
15年度のNHKの受信料収入は6625億円だったようです。

ワンセグ契約の問題は契約までの流れにありそうですが、
言っている意味がわからない。
調べもせず調査もせず金だけ取るってどういう意味でしょうか。

裁判で負けたのに「契約する義務がある」とか言っていたら、
それは刑法に触れるのでは、総務省は裁判所に従うから、
もう支持とかできない。どういうことなのか。
ワンセグの契約を認識してないというのも大問題ではないでしょうか。
返金できない、しかも設置ではないのに、おかしくないでしょうか。

省庁の要請があれば普通の会社だったら金と時間をかけてでも調べる。
NHKはこれほど管理が杜撰で、
反社会的な組織だったとは思いませんでした。
既得権に頭までつかっているのでは、
NHKは恐竜が
絶滅した理由を考えた方がいいかも知れません。

その契約は何に対しての契約でしょうか。
ワンセグあるならと契約結ばせていて、
ワンセグかどうか分からないし調べようが無いとは、
自分から契約させる根拠放棄しているのではないですか。

各キャリアの基本料金に上乗せしてキャリアから上納させればいい、
そうすれば楽に集金できると思いますが、
NHKはワンセグ放送をやめればいいのではないですか。

NHKはさっさとスクランブル放送にしろ、
見もしないものを勝手に垂れ流して金奪っていくのは、
押し売り容疑でNHKを検挙できるだろう、
押し売りは刑法違反だから警察に通報できる案件だ。
客が望んでないのに商品だけ届けて一方的に金を要求するのは、
恐喝や押し売りの犯罪行為に間違いなく該当する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« これが日教組委員長  紘一... | トップ | 貧困化傾向の世界 紘一郎雑記帳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。