脱力系微言綴箱

10年前のブログに重ね書きします。未来への自分の戒め記録になることでしょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

終末介護

2015-01-28 01:54:47 | 現実。。ヽ(・ o ・)ノ ハッ!
                    

老々介護、長期介護に疲れて殺人ということが時々起る。
大切な伴侶や親を手にかけるなんてと理解に苦しむ人は多いだろう。
そう思える人は幸せだなと思う。

介護の期限はいついつまでとわかっているなら
皆、そこまではがんばろうと自分の精神状態もコントロールできる。
介護はその期限がわからない。
1年かもしれないし、20年30年と続くこともある。
介護の度合いによっても、かかる負担は大きく変わる。

介護の当初は体力にも精神力にも余裕があるから
優しい言葉で語りかけ、思いやり溢れた介護ができるだろう。
しかし、その介護が自分の生活を壊し始めたら
一体どれだけの人が理性と愛情を維持できるのか。

これは体験した人でないとわからない。


私の母は家族の顔もわからなくなり、昼夜問わず家から逃げ出そうとした。
「壁を泥棒がよじ登ってくる」「押し入れに誰かいる」
「家族が自分を殺そうとする」と何度も警察に電話をすることもあった。
自分の生命保険が狙われていると保険証書に落書きをしたり、
暴れる叫ぶ、家から逃げ出す。
24時間誰かが付いていないと、何をするかわからない。
仕事にも行けない。眠ることすらできず、ひと時たりとも心が休まる暇がなかった。

父と弟の三人で母を看ていたが
ある時、疲れ果てた弟は母の首に手をかけようとした。
幸い未然に防げたので最悪な事態にはならなかった。

家族全員が疲れ果て心身ともにボロボロになった頃
病院が受け入れてくれた。
入院できなかったら、どうなっていたかわからない。


元夫の父は肺を患って入退院を繰り返していた。
入院するたびに体は弱り、5年目に入る頃には歩行すら困難になった。
「家に帰りたい!」と見舞うたびに訴える義父に
元夫の家族は最後を看とるつもりで退院させた。

酸素はつけているが、病状の進行とともに苦しさが増す。
苦しい苦しいと叫ぶ。薬疹が出て「痒い!痒い!」と叫ぶ。
それが30分おきぐらいの短い間隔なので
元夫、義母、義弟は憔悴しきっていた。
少しでも眠る時間を作ってあげたくて、私と次女も介護の手伝いに行った。
付いていた時間は数時間だったけど、それでもひどく疲れた。

穏やかな性格の家族でさえ、
「気を緩めていたら、どうにかしてしまいそうな瞬間がある」と言っていた。
食事を食べさせ、下の世話をし、体をマッサージ。
絶え間ない義父の訴えを聞いていると、体調も精神も不安定になり
家族三人が病院通いとなった。
限界かも…と言う頃に義父は息を引き取った。

最後を家で看とれたということで、介護の辛さも消えただろうが
父の希望を聞いてよかったのか、体の苦しさを思ったら
入院させていた方がよかったんじゃないだろうかと
今でも複雑な思いでいるようだ。


入院させたり老健施設に預けたりすることが、まるで悪のような言い方をする人がいる。
私なら最後まで自分の手で介護すると。
そう言える人は介護を甘くみている。
介護する側の体力と気力精神力がどれだけ奪われていくものか。

もちろん、家族の中で看ていられたら幸せなこと。
けれど、介護する家族が限界まで追い詰められたら、
いや、そうなる前に施設や病院にゆだねられるものなら
その手を借りる方がずっといい。
無理の先には、恐ろしい闇が控えているのだから。

「人任せにするなんて」というような
他人の言葉など気にせず、
がんばりすぎないでほしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポチアレルギー

2015-01-27 01:45:27 | つれづれ


ここに熱を入れて書きこんでいたのは10年前まで。
手が止まった頃、私の病状は最悪だった。
元彼とも喧嘩が絶えず、荒れ狂う大波に翻弄される船のような生活だった。

ブログはここだけじゃなかった。ふたつみっつと違うサイトに開いていた。
それらもみんな放置したまま。

発掘した時、残っていたことがすごく嬉しくて
懐かしいページを読み返した。

そしてこのブログだけを残した。
ブログを再開した頃、また別のブログサイトも開いたばかり。
けれど、ブログで何がしたいのかさっぱり思い浮かばない。

人の目に触れるとわかっているネットで何かを発信するということは、
誰かに自分の存在を認めてもらいたいというのが大前提。

趣味や知識、人に共感されるような話を連ねられる人ならば
ブログの方向性が明確で、人にも受け入れられるだろう。

でも、私のような何がしたいのかも定かでない人間は
人の気持ちをつかむこともできない。

別のブログサイトにも私のような人間が多い。
私のようなブロガーはありふれているだろうが、他には
コピーだらけのページだとか、一行だけのあいさつみたいな文章しか載せないとか
ブログ荒らしや来た以上はコメントしろと押しつける人。
様々な変人さんもいらっしゃる。

私は、胸をときめかせてくれるページに出会いたくて
たくさんのブログにアクセスするのだが、
興ざめするのがブログランキングのスイッチ。
「ぽちっとお願いします」「協力してください」
あれを見るとどんなに「いいな」と思ったページでも閉じてしまう。
天邪鬼なんだろうな。

読者やファンがたくさんついてて、ランキング上位ともなれば
支持数を競いたくなるのかな。
私には無縁のシステムだと感じてる。

ポチボタンを避けながら、私はブログサーフィンを続ける。
私の心を揺らしてくれるブログに出会いたいから。

ポチボタンアレルギーはいつ緩和されるかな。
一年ぐらい経ったら、ここにもポチボタン貼ってあったりしてね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

別れてもうざい人

2015-01-26 01:44:15 | 元夫

私は電話が嫌い。だから、電話を受けても必要最低限しか話さない。

元夫は電話好き。何かにつけて電話してくる。
私は電話が嫌いなんだから、メールかLINEにしてくれと毎回言っているのに。
メールを打つ作業が面倒なんだって。
一体いくつだよ…。

用件なんて、ほんの少しの時間で終わるのに
ヤツは話に付録をつけたがる。
そしてどうでもいい話を広げていくんだ。
いつまでも終わりそうにないから、
「その話、今じゃないといけない?」と止める。
「ああ、ごめんね。それじゃまた」
ごめんねとは言うけど、何が悪いのかわかっていないから
毎度毎度同じことの繰り返し。

まぁ、話好きだから電話に限らず会ってる時も
どうでもいい話を際限なくしようとする。
私は男のおしゃべりは嫌い。…おしゃべりな女も嫌いだけど。

今日もデートの最中に電話がかかってきた。
何の用かと取ってみたら
「デート中?ああ、ごめんね。じゃあ、また!」
…何なんだよぉぅ。

電話をする前にLINEしてくれって言ってるのに。
バカなんだろうか、わざとなんだろうか。
4~5回鳴らして出ないと、すぐに娘のスマホにかけて
「お母さんが出ない」と騒ぐ。
いい加減にしてくれムカムカ。

結婚してた頃はこんなじゃなかったのに。
今じゃ、定年後のおっさんみたいに「今、どこ?」と確認してくる。

そんなうざい存在でも、子供の養育費をもらっている関係拒否もできず。
子供が自立したら、再度捨てなきゃかなぁ。
でも、別の意味では私のいい理解者でもあるしなぁ。
そんなことを考えると断ち切れない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

妄想女子

2015-01-24 23:52:06 | 脱力フレーズ

そろそろ消えそうなword…「壁ドン」
追加で湧いてきたきた「床ドン」

最近の女子やご婦人はそんなものにわくわくするのかと一歩引いて見てた。
若いからときめくんだろうか?
娘たちとテレビを見ていたら、たまたま「壁ドン」の話題が出たので聞いてみた。

「憧れないよ。壁ドンなんかされたら引く」
「むかっとするかも。何偉そうに…って思いそう」
「床ドンとか、もう呆れてしまう」

そうかそうか。若い子でもそういう意見があるのだな。
私もそう思ってるから、同じ意見で安心した。
んー、血がそう言わせてるのかしら?

他人さまはどうなんだろう?
女ばかりの飲み会で、ご婦人方に聞いてみた。

「そういうものに憧れられるくらい、純粋な心に戻りたい(笑)」
「そんなことされても、ちっともどきどきしないよねぇ」
「逆にむかつくかも(笑)」

この年になると、すれまくってるから(笑)。

壁ドン床ドンに加えて、最近のCMで「みんなには内緒だぞ」っていうのもあったな。
上司に一緒に住むように誘われて、会社では同居は内緒っていう賃貸のCM。
あれはもう…女をバカにしてるとしか思えないわ。
2次元好きの女性はどきどきするのかもしれないけど
単なる「都合のいい女でいろよ!」的な文句。

普通に恋愛してる女性からすると
そういうセリフにどきどきして喜ぶ女なんて
不幸まっしぐらで同情の視線を送ってしまう。
ああでも、壁ドン床ドン「みんなには内緒だぞ」が好きな人は
М女かもしれないしなぁ。

最近のドラマも原作が漫画のものが多くて
見ていて違和感を感じることが多い。
作り手が世間知らずだったり、妄想まみれだったり。
んなわけないだろって思うけど、そこがいいのかしらね。
現実離れして、逃避できちゃうってことなのかな。

私はと言うと、
昨年のクリスマスに彼に壁ドンされた。
爆笑したのち、ドン引きしちゃった。
「え?これ流行ってるんじゃないの?」
確かに話題にはなってたけど、全然やってもらいたくないわー。
恋人でもそう思うんだから、恋愛感情のない人にやられたら
私はバッグで相手を殴っちゃうかもしれない。

世の男性方、気をつけてね。
それにしても、壁ドン好きな人って世間にどれくらいいるんだろう?
私の周りには一人もいなかったのよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私を寝かせて

2015-01-24 00:04:53 | 私の男



ずっと頭痛がしてる。
もともと片頭痛持ちだから、頭痛薬も頓服で頂いてるんだけど。
今回の頭痛はその薬でも治まらない。
かれこれ半月以上も頭に重石を乗っけてる感じ。

彼は、早く治せだとか早く元気になれだとか簡単に言うけど
病気なんてね、そう自分の気持ちひとつでは治せないのよ。
…治せるものもあるのかもしれないけど。

LINEで話すのもめんどくさくて、気持ちが乗らなくて
ここ数日は早い時間に「おやすみなさい」で切ってる。
明日、見舞いにくるんだって。
「一日寝てるつもりだから、来ても相手できないかもよ」と言ってるのに。
心配してくれてるんだろうけど。

彼が来るとなれば、ぼっさぼさの頭で迎えるわけにもいかず
お茶ぐらい出せるようにしておくだろうから
やっぱり起きだして迎える準備をしちゃうだろう。
そういうことが負担に思えるくらい、気分が悪いんだけどな。

元彼からメールが入った。
「明日、顔見に行きたいんだけど」
無理だよー。寝込んでるし、彼来るし。
「彼が来るから無理だよ」とは言えない。
今は彼がいるってことは知ってるけど、そんな話すると落ち込んだ顔するから。
「明日は来客があるから、ちょっと無理だわ」と返答。
では来週ねってことになった。

元彼と会うことに罪悪感はない。
恋愛感情はきれいさっぱり消えてるし、いい友達になってる。
なんでも話せるし、私の病気のことを一番理解してくれてるのは元彼だろう。

どちらかというと、元彼との方が付き合いが長いから
起きぬけの醜い状態をさらしても平気なんだが。

できれば彼の方も断りたい。
明日の朝の調子次第ではお断りする。
でも、見舞いだから!って押しかけてくるんだろうな。
甘え切って、買い物と食事の用意お願いしちゃおうかな。
そんなことするタイプじゃないけどね。

明日は見舞いに来て肩もみしてくれるんだってー。
へたくそではあるが、気持ちはうれしいと思う。
でも、一人で寝ていたいな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加