西東京市・高橋家の屋敷林

西東京市の高橋家の屋敷林は、保谷駅のすぐ近くにあるが典型的な武蔵野の屋敷林だ。この屋敷林から武蔵野の四季をお伝えする。

秋模様

2016年11月29日 | 状況



やっとカエデが紅葉した。ここのカエデと陽光の兼ね合いが美しいのだが、きょうはうまく写真をここに張れない。
いつか自分の目で見てほしい。心癒やされる秋の風情だ。
でも雪のためにあっという間に葉が落ちた。





東側がこういう景色になってしまった。駐車場や家が建ってしまったからだが。
時代と共にこれからどんどん変わっていくのだろう。





南東の角のコスモス。種を食べに、いつもと違う鳥が来ていないかなあ。いつかのマヒワの大群みたいな鳥が……。





落ち葉に寝転がって奥を覗くと、こんな感じに映るのだ。左側がカエデとケヤキがる面。右がビワや竹やぶ。色彩が反転している。





豪快に天に伸びているケヤキ。何本か競って生えている。





このケヤキは遠くから見るとこんな姿。ほうき形で自由な成長。





南のエノキだったと思うが、空に聳えて黄葉して見事!





南から見ると、手前のシダレザクラの紅葉が目立つ。これは屋敷林の外の花壇だ。





北から見るとこんな感じ。シデなどの紅葉もところどころに入っていて、すべて常緑樹でないことがわかる。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイとたくあんー保谷を支えた生産品

2016年11月08日 | 状況


今年で7回目の屋敷林での企画行事。社会教育課と下保谷の自然と文化を記録する会の共催行事。
宵の雨も止んで、秋の木洩れ日の中で、自然を満喫しながら地域の歴史を知る、絶好の催し物になった。




今年はいつものアイにたくあんが加わった。藍玉作りの道具に、たくあん漬けの樽などが展示された。
練馬のたくあん漬けの山義食品の協力をいただいた。





下保谷でも練馬大根の本干し大根から始まって、東京大根まで、戦中まで盛んだった。
今回は関係者の方にいろいろ探しだしていただいて、資料を展示するまでいたっだ。この企画がなければ、おそらく日の目を見ることのなかっただろう、当時の賞状や盾や樽などの資料だ。




大泉の山義さんの社長さんがミニ講演会の講師をしてくださって、わかりやすい興味深いお話をしてくださった。




広場では、例年の子供のための行事も大盛況。
子どものお茶をたてる体験。




どんぐりゲーム。文具の商品も出た。




藍染めも大好評で、200枚もハンカチが出た。一時多すぎて現場はパニックに陥っていたようだが、気に入ったものができただろうか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の終わりの生き物たち

2016年09月06日 | 動物


赤く色づいたナツアカネのオス。ヤブミョウガで休んでいた。
林はセミの鳴き声であふれていたが、秋はもうひたひたと忍び寄っている。




林の中のオトコエシは、木洩れ日に助けられて、こんなにも白い花を咲かせていた。3本も花が開いていた。




驚いたことに、クヌギの木にはまだカブトムシが数匹いた。最近になって雨が多くなって、樹液がまだ出ているせいかもしれない。
オオスズメバチも来て、樹液を飲もうとした。少しいてすぐ消えた。




いつもの所には、ムラサキシジミがいた。夏は止まった時翅を開いてくれないから、きれいな紫色が見られない。残念!




ミドリヒョウモン。夏は夏眠するというから、目覚めたということかな。




アカボシコマダラのきれいな個体。まるで生まれたばかりのように、翅が美しかった。久しぶりでここで見たかも。




センニンソウの上のシロテンハナムグリ。




東の土手は、アオフジバカマやキバナコスモス、サルスベリの花が盛りを迎えて、虫やチョウを誘っていた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生き物観察と工作の会

2016年08月08日 | 催し物


8月6日(土)、今年も恒例の「生き物観察と工作の会」が開かれた。
今年は女のお子さんが多かったようだ。でもけっこう大胆に生き物に触れる。





今年、クヌギの樹液はよく出ていて、カブトムシが30匹ほどもいた。しかし、いつもならカナブンのほうが多くいるのに、今年は1匹も見ていない。アカボシゴマダラもいない。どうしたことか。






鳥の巣箱には、巣立ったらしいものもあったが、卵が残っているものもあった。
シジュウカラの巣。





東側の草地では、バッタ、ショウリョウバッタ、クビキリギリスなどと、今年はオオカマキリを捕った子がけっこういた。





工作は、屋敷林のお隣の児童センターで。女の子が多かったせいか、昨年よりこぢんまりとした作品が多かったが、いつまでも凝りに凝って木の実を張り付けていた。





一生懸命作っていたよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

屋敷林の花

2016年07月06日 | 植物

梅雨らしい季節に入って、やっと台風1号も発生した。
差すような日差しより、若葉には曇り空とやさしい湿り気のほうが合うような気がする。
屋敷林の周囲を、目立つ季節の花々が縁取っている。


東側の土手はヤブカンゾウが花盛り。



その奥にはオオマツヨイグサが花盛り。ほんとは夜に咲く花だが、花曇りなので、昼でもささやかに花を咲かせている。



屋敷林の北側は、アジサイの花盛り。柵から顔を出して、アジサイロードに通る人を導く。
今年はまあまあ、たくさん咲いたね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の屋敷林

2016年06月07日 | 状況
梅雨に入ったばかりの屋敷林。
きのうの朝、カッコウが屋敷林で鳴いていたと教えてもらった。
出かけたのは昼過ぎだから、周りも見て回ったがカッコウの声を聞かれず。
それでも久しぶりのカッコウの話題で、今年はカッコウの声が聞けるかもしれないと期待が膨らむ。



イロハモミジの若葉の天井だ。すべて若葉のカーテンが引かれたようだ。




ケヤキの若葉だって負けてはいない。サワサワと緑の風を送る。サワサワ……。




イロハモミジの先にはタケコプターのような形の赤っぽい種が付いている。ういういしい色だ。




目を落として見ると、ウズアジサイ。あまり色付きがいいとは言えないが、それがかえって味がある。




ハンゲショウも色を付けてきた。色が抜けてきたというのがいいのかしら。



ホタルブクロ。何げなく花壇でないところで咲いているのが自然に思える。




オカトラノオも、所定の花壇からすぐ移動する。これもいいね。




オオマツヨイグサは、東側の土手の上。
以前は東側の空き地一面この花が咲いていたのにね。懐かしい。



今年伸びたモウソウチクが林立する竹林。


新しい植物の生命が、我も我もと美しさを競う屋敷林……。
屋敷林の外から見るほうが、蚊に刺されなくていいかもね。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖かい冬

2016年01月11日 | 状況


東京は暖かい新年を迎えて、植物が春と勘違いしていろいろ狂い咲きしているようだが、屋敷林のヤブツバキも見事に咲き誇っている。
メジロはもとより、南側の常緑の生垣やヤブツバキの所に、ウグイスの声がするのだが、どうしても姿を見ることができないでいる。
動きがすばしこいし、表から見えないように、上手に動き回るものだ。感心する。




12月末、鳥の巣の掃除をしたら、おととし、4月に巣箱を掛けた「元募金箱」はこんな感じだった。
初めてシジュウカラが営巣していた。
 


手前の卵のあるのは、ヤモリにでも食べられたのか、2つとも卵に小さな穴があいていた。
もう一つはひなのおしっこの固まりが残っていた。うまく育って飛びたてたかな。
さあ、今年も営巣してくれるといいなあ。



12月18日の屋敷林の頭上の半月。やっと撮れた月の写真。

今年もいい出会いが訪れますように……。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保谷のアイその2

2015年11月20日 | 催し物


今年も11月3日の文化の日、屋敷林で「保谷のアイ」の催しが行われた。
研究展示、ミニ講演会、藍染めなど多彩な催し物がいっぱい。




朝、丸山市長が顔を見せてくださった。








藍の資料展示、民族学博物館の紹介、武蔵野鉄道の紹介……。





子供の茶道体験も今年も人気!





どんぐりゲームも人気!




今年はみんなで藍を種から育てました。




今年の藍染めはちょっと薄かったかな。




今年はこれまで。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の花いっぱいの東土手

2015年09月19日 | 植物


マンジュシャゲにキチョウ……。秋型か?





雨ばかり続いて、セミの声も低く重い鳴き声だったが、久しぶりの秋空で、最後の元気な鳴き声を響かせている。
カネタタキやコオロギの声が、これに変わろうとしている今日この頃、東土手も、秋の花が咲き乱れている。





奥の木はサルスベリ。近年植えられた木だが、紅色があでやかだ。





マンジュシャゲの赤が一斉に咲いていた。白はあとに咲くのだったかな。
ツツジの中からもマンジュシャゲが顔を出している。
マンジュシャゲを植えたときは、土手は水が足りなくてツツジの丈は大分低かった。こんなに丈が伸びるとは思っていなかった。
まあ、これも一興かな。



アオバナフジバカマは、たくさんの蝶を呼ぶ。この中に3匹の蝶がいるようだが、黒地に白の玉模様の蝶か蛾の名前がわからない。
コミスジヤゴマダラチョウの模様とも違う。何だろう?




ツマグロヒョウモンも多かった。これはオス。




ツルボもかわいらしく咲いていた。もっと植えたはずだが、これっぽちしか咲かないのかなあ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の親子生き物観察と工作会

2015年08月09日 | 催し物
今年も屋敷林の会主催の、恒例の「屋敷林の生き物観察と木の実や木端を使った工作」をしました!!
今年は初夏に大雨ばかり続いたので、屋敷林の樹木は潤い、樹液を出すクヌギが4本もありました。
おかげで、クヌギには多くのカブトムシやカナブンや多種のジャノメチョウが集まっていました。
去年より人数が少なかったので、じっくり観察してもらいました。



虫取り網を持って林に入ると、大人も子どももわくわくしてきます。





竹林の中の落ち葉の中にも、コオロギ類がいますが、とてもうまく隠れています。
それを見つけて追いかけている子もいました。





暗い高木の林の中を通り、竹林を通り、開けた所に出てきて、みんなほっとしています。




あるお子さんの背中に、こんな虫が付いていました。
アカボシゴマダラの幼虫です。けっこう大きいです。
子どもたちに見てもらいたいと、事前に会員で何回か探しても、見つけることができなかった幼虫です。
去年も事前に探しても見つからなかったのに、工作のときにテーブルの上で見つかって、みんなを驚かせた幼虫です。
成虫のほうも見てもらいたかったけど、きょうは見られませんでした。
いつものクロアゲハも見られなくて、残念!!




草原で自由にバッタ採り。あちこちで子どもたちの歓声があがっていました。
バッタ、カマキリ、セミを採って、こわごわ掴んでカゴに入れる子、上手に恐れず掴む子、いろいろですねえ。




後半は場所を隣の児童センターに移して工作。
まずは、用意された植物の実や木端をじっくり見て、自分が使いたいものを選びます。
木の枝を、作りたいものの長さに切ってもらう子もいます。
さてどんなものが出来上がるのかな。




こんな感じかなあ。



こんなのもありだよ。




さて、子どもたちも大人たちも去って、屋敷林の門を閉じようとしたとき、きょう子どもたちの網にかかってジロジロ観察されたミンミンゼミさんが壁にしがみついていました。
みんなが帰るときにまた林に帰されたんだけど、だいぶお疲れのご様子!
ありがとうミンミンゼミさん。みんな目を輝かせて君のことを見ていたよ。
お仕事おわったので、ゆっくり休んでね……。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加