58の気の向くまま日記帳

花 風景 自分のため日々の出来事を記録する。
 

① 松戸から北松戸

2017-05-17 | 駅からハイキング

江戸川松戸フラワーライン・水とみどりと歴史の回廊を巡るコース。
20日の歩く会で行くコースでしたが都合で行かれないので、その前に一人で歩いて来ました。  2017.5.15
① 来迎寺(らいこうじ)
慶長14年(1609)に、江戸川水運の所要として繁栄した本河岸(平潟河岸)に創建された松戸宿で最も古い寺院
東日本大震災で被災し平成26年5月に再建された。
再建された本堂は日本建築家協会「2014年優秀建築選100」に選定されました。

↓ 六角灯籠型六地蔵(六角地蔵)

↓ 来迎寺の斜向かいにある 平潟神社(水宮者)
平潟神社は「水神社」として江戸川べりで水運とも関わりのあった当地では信仰も篤かったといわれています。
来迎寺と神社が斜に構える配置は大変珍しいそうです。

三峯、稲荷、八坂、秋葉各社を合祀しています

②江戸川松戸フラワーライン
江戸川の河川敷の花畑春はポピー秋はコスモス。

ポピー まだ満開ではなかったです。

↓ 土手にアカツメクサ(赤詰草)が沢山咲いていました。マメ科
別名 赤クローバー・ムラサキツメクサ

↓ そばを通ったので寄った。
突き当りが園勝寺

↓ ③ 吉祥寺
創建年間は不明ですが、天和年間(1681~1684)の石碑があるお寺です。

弘法大師自らが一本の木から作った三体の薬師像のうち根本部分で作られた薬師像が納められている。
吉祥寺のある松戸市根本という地名はこれが由来だと伝えられています。
他二体は中央部は松戸の中根寺、上部が印西市歓喜院に祀られています。

↓すごい口ですね お水は出ていない。

↓ ④金山神社(かねやま)
JR常磐線の線路のすぐ脇にある小高い山のような場所にある

階段を上がると下は電車が走っています。



↓ 陸橋の突き当りが神社
二の鳥居

↓ 根本城の跡に立つ金山神社



↓ 富士嶽浅間大神 標高15mぐらい

 

↓ 登山記念碑

↓三峰神社

↓ 一の鳥居 この鳥居を出ました。

↓ 栄松寺(えいしょうじ) 寄り道のお寺


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広池学園の花 | トップ | ② 松戸から北松戸 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。