易熱易冷~ねっしやすくさめやすく、短歌編

野州といいます。ことしも題詠blogに参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

参加します(野州)

2012-02-03 21:02:52 | 題詠blog2011
題詠blog2012、参加します。
結社の方も欠詠続きだし、どれだけ持続できるか不安だけど。
よろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完走報告(野州)

2011-03-30 22:20:52 | 題詠blog2011
完走しました。ことしも機会を提供いただきました五十嵐様に深く感謝申し上げます。
コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

100:完(野州)

2011-03-30 22:17:27 | 題詠blog2011
完走とは歩かないことそれぐらいの矜持を持って42キロは走れ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

099:惑(野州)

2011-03-30 22:07:20 | 題詠blog2011
眩しくて朝のひかりを避けながら惑う四十肩に頬寄す
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

098:味(野州)

2011-03-29 21:45:13 | 題詠blog2011
Kくんが言い出しクラスに広まった「蛇の皮からつくる味の素」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

097:毎(野州)

2011-03-28 21:19:14 | 題詠blog2011
桜花むやみに咲けばなお寒く日毎夜ごとにつのる性慾
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

096:取(野州)

2011-03-26 19:36:49 | 題詠blog2011
身のめぐりに取材はできぬ歌だから詠み人知らずの秀歌詠みたし
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

095:遠慮(野州)

2011-03-26 19:33:23 | 題詠blog2011
逸らしつつ羞じらいあわききみの眼のねこのようだね遠慮のふかい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

094:裂(野州)

2011-03-26 19:21:55 | 題詠blog2011
梅花の盛りの下を手をつなぎ歩めばダウンジャケットの鉤裂き
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

093:迫(野州)

2011-03-23 22:24:26 | 題詠blog2011
町川に迫り出すように建ちながら昭和のカフェは古びてゆくも
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

092:念(野州)

2011-03-23 22:21:46 | 題詠blog2011
寄る猫の姿まばらに宵の寒念じて生える頭髪もなく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

091:債(野州)

2011-03-23 22:10:00 | 題詠blog2011
寝る前のドリップ珈琲飲みながらアマゾンサイトに負債をつくる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

090:そもそも(野州)

2011-03-23 22:01:34 | 題詠blog2011
そもそもの誤り正すという風に香りよろしき珈琲淹れる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

089:成(野州)

2011-03-22 20:20:20 | 題詠blog2011
横町の坂を下ればオデオン座おおかた成人映画掛けいし
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

088:湧(野州)

2011-03-22 19:23:20 | 題詠blog2011
湧き出づる怒りはどこかにぶつけられ気づけば河の畔の菜花
コメント
この記事をはてなブックマークに追加