アイ・ラブ みどり

逆境にもめげず、けなげに生きるみどり達がいとおしくてなりません。

キアゲハ

2008年09月20日 | うちの庭では
台風13号が東海・関東沖を通過してゆきました。今日の気温は24~28℃と夏日ではありますが、一時の猛暑はもう影を潜めました。いよいよ秋野菜のシーズン到来です。屋上のプランターも土を再生してサラダの材料を播種し始めました。今年は土浦市から配給されたEM菌生ゴミ処理器で作った堆肥を使いました。成績が楽しみです。
ミニ人参を植えてあったプランターでは、残った人参の葉にキアゲハの幼虫が7匹育っている最中でした。急遽更新を止め、彼らが蛹になるまで待つことにしました。彼らも私の目を楽しませてくれる地球家族の一員ではありませんか。立派に羽化して庭で舞ってくれるのを期待しましょう。

最近庭の木陰で蛇の目蝶がペアで舞っています。ヒメジャノメのようですが、木陰を好むところはコジャノメのようでもあります。蛇の目模様が両者の中間くらいなので混血かもしれません。良く似ているので、彼らにも区別がつかないのかもしれません。ホトトギスの茂みでは今年2回目のルリタテハの幼虫が育っています。年毎に我が家の庭で舞う蝶の種類が増えているようで、楽しみなことです。減農薬の賜物と思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝉誕生数 | トップ | ヒダカミセバヤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
キアゲハの幼虫、今から蛹(さなぎ)になるぞ (えふ流パパサウルス)
昨日、パセリにくっついていたキアゲハの幼虫を3匹捕獲しました。そのうちの1匹が、