アイ・ラブ みどり

逆境にもめげず、けなげに生きるみどり達がいとおしくてなりません。

ポーチュラカ

2016年10月13日 | 緑の季節

 ご近所のポーチュラカが見事な群落を創っていました。店で苗は売っていますが種を売っていないのが不思議です。同じ仲間の松葉牡丹はこぼれ種で毎年出現してくれますが、ポーチュラカは一年限りで枯れてしまいます。かつて鉢植えにして室内で越冬させたことがありますが、面倒なので止めてしまいました。

 ポーチュラカの花言葉は「無邪気」です。子供を対象に言えば「可憐」を意味しますが、一般的には無思慮で単純ことを表現しますので、「無邪気」と言われて喜ぶ大人は少ないことでしょう。喜ぶ人がいれば、それこそ「無邪気」です。

 知り合いに肥満を嘆くものが居ます。病気でない限り、肥満の原因は暴食と運動不足と分かりきっているのですが、「どうしてこんなに太ってしまうのだろう?」と訴えてくるのです。医者にかかったことはないと言っているほどですので、健康なのでしょうが、そのうち成人病に罹ることになると思います。腹八分目と運動が必要と忠告しましたが、実行する気配はありません。単に本人の意志が弱いだけのことです。暴食し運動もせずに、太りたくないというのは、正に「無邪気」と言うしかありません。

 日本将棋連盟の竜王戦七番勝負で、挑戦者三浦弘行九段が出場停止になりました。対局中頻繁に退席し、スマホでのカンニングを疑われたのです。将棋ソフトの進歩は驚異的で、実際にプロ棋士を打ち負かせるレベルに達しているのです。そこで、対局場にはスマホの持ち込みは禁止されているのですが、休憩室でのスマホ使用は可能なのでしょう。邪気のないプロ対プロの「無邪気」な対局は廃れ、やがてはソフト対ソフトの対局が実現しそうな予感がします。日本将棋連盟の権威は落ち、プロ棋士はソフト開発プログラマーに身をやつすことになりはしないでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タイワンホトトギス | トップ | ヨメナ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL