やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

たまねぎ苗、日光浴。

2016年10月08日 | たまねぎ

10月6日


秋の長雨と日照不足のせいか、たまねぎの苗が徒長気味。
ハウスの中で育てていましたが、ビニールの劣化と汚れによる
日光の透過度低下も原因かもしれません。
ハウスの中から外に出してみました。


相変わらず細い苗・・・。
でも、半月前に比べると、しっかりと大きくなってはいるんですけれどね。
昨年の同じくらいの時期の写真を発見!今年も昨年と大きく変わりは無さそうかな。
ハウスの中だと、刺激が少なくって徒長しやすいのかもしれません。
夏野菜の苗を育てるときに、何かの知識として、程よい刺激も必要って聞いた気がします。
風にあたることにより、倒れないように強い幹を作ろうとして、
しっかりした苗が出来上がる。ハウスなど、風当たりが少ない条件の場合には、
苗の表面を折れない程度に手で撫でて刺激を与えるとよいと。
外に出すことにより、太陽の光を浴びて、風を感じて、元気に育ってほしいです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋どりオクラ。 | トップ | 雨の中の市民体育祭。 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。ガマです。 (つくばのガマ)
2016-10-09 05:51:06
今日はちょっと風が強いですね。
トマトハウスは閉めてきて良かったと思ってます。
玉ネギ君たちは大丈夫ですか。刺激が強過ぎなければ
いいですが。
Unknown (らうっち)
2016-10-09 09:15:44
やしまファームさん おはようございまーす♪

頼りない苗と言いながらも、大きくなってますよね~
土より緑が目立つもん・・・
今回は、外で育苗してるので、ほどよい刺激はクリアーかな♪
たま~に小さな毛虫が付いてるので、その確認は怠れませんけど。
Unknown (Heyモー)
2016-10-09 09:39:04
おはようございます やしまさん
Heyモーです
タマネギ苗たち元気にしてますね  何よりです!
うちも遅まきながら発芽してきて成長中です
早くやしまさんちくらいに追いつきたいです
苗も過保護は良くないのですか なるほどね!

Heyモーブログに コメントを頂きどうもありがとうございました!!
<<ナスが最後ですか。
うちもそろそろ、ナスの状態が悪くなってきました。あと数回収穫したら撤収かなぁ。
これから急に涼しくなるみたいですね。 夏野菜も徐々に終わり、寂しくなっていきます。  畑がだんだんと平らになっていく姿は、寂しいですね>>

気温が下がってまいりました 夏野菜たちご苦労様でしたと言う雰囲気になりまし 茄子は終了させましたよ
ピーマンはもう少し頑張ってもらいます

<<アトン、過去に1度育てたことがありますが、すごく大きくなるみたいですよ。 でも、大きなものは保存性が悪いので早めに腐りはじめるので注意してくださいね。>>
アトンを大きく育てると 保存性が落ちるのですか
気を付けて見ますね どうもありがとうございました!!
つくばのガマさん (やしまファーム)
2016-10-09 22:01:41
今日は程よいお湿りがありました。
たまねぎの苗たちも、外に出した日に比べると
心なしか上に向かってしっかりしてきたように感じられます。
この場所は、昼間では日陰なので、急激に日光を浴びるよりも
今の苗にとってはちょうど良いのかもしれません。
らうっちさん (やしまファーム)
2016-10-09 22:03:10
そうなんですよね。ハウス内はある程度外敵から身を守ってくれているので
外に出すと色々な不安もあります。
たまねぎにとっての一番恐ろしいものは、ネキリムシとベト病ですかねぇ。
Heyモーさん (やしまファーム)
2016-10-09 22:04:55
一般的に過保護に育てることを温室育ちって言いますものね。
試練を与えてしっかりした苗に育てておかないと、
定植した後の厳しい自然環境についていけません。
きゅうり苗なんかも、急に日差しを当てるとしおれてしまいますからね。

コメントを投稿

たまねぎ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL