やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

ネギの定植作業。

2017年03月06日 | ねぎ

3月5日


ネギの定植作業を行いました。
こちらは、10月24日に種まきした越谷黒一本太です。


反省点が一つ。
1穴あたりの本数が3本~0本。もう少し多い方が良かったかなぁ。
次からは、1穴3~4粒での種まきをしたいと思います。


定植方法は、昨年と同じです。
畝立てぽちで軽く溝を掘って、更に培土器仕様こまめで
深めの溝を作ってからの定植です。
昨年は、用地の都合で90cm間隔でしたが、今年は100cm!
一昨年も100cmでした。この方が、土寄せが楽なんです。


OK!パーフェクト!
綺麗な溝が掘れました。


一昨年に作った穴あけ器を使って、10cm間隔で穴をあけました。


セルトレイ育苗のネギの苗です。
200穴セルトレイから抜いた穴が、ちょうど1cmくらいなので、
穴あけ器の穴径とピッタリ。


きれいにはまります。


妻の助けもあり、2時間弱で3列の定植が完了です。
腰が痛い・・・。
次は、2月に種まきしたものを5月くらいに定植する予定です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トマトの発芽。 | トップ | エンドウに支柱の準備。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネギ栽培 (Heyモー)
2017-03-07 06:20:59
おはようございます やしまsん
Heyモーです
広い畑で 余裕のあるネギ栽培 うらやましいです
これなら土寄せも楽チンですね
良いネギが出来そうですね
Heyモーさん (やしまファーム)
2017-03-07 21:36:57
田舎地帯の市街化調整区域なので、土地の余裕はあるみたいですね(笑)
ネギは土寄せしてなんぼですから、土寄せ計画まで含めての畝計画が必要です。
90cmと100cmの違い、たかが10cmだけれど、土寄せするとなると大違いでした。

コメントを投稿

ねぎ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL