やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

茨城県民の日。

2017年11月13日 | 農作業以外日記

11月13日


茨城県民の日、昨年は日曜日で子供たちの学校には影響がありませんでしたが、
今年は月曜日。小学校はお休みです。
全国的に、県民の日がお休みになるのは、珍しいみたいですね。
自分も、仕事休みとって、子供たちと筑波山登りに行ってきました。
これは、スタート直後の写真。一般的に筑波山登山は、
中腹の筑波山神社付近までは車で行き、そこから歩くことがメジャーですが、
今回は麓から歩くということを企画しました。


ルートは、昨年の秋に小学生の付添ボランティアをしたときと同じ、
麓からつくば道を登るコースです。
市営神郡駐車場に車を停めて、スタートです。


駐車場から歩いて500㍍ほどの所に、案内を発見。
駐車場から神社までは、約2㌔みたいです。


麓から神社までは、なだらかな道路が続きます。
このあたりが、つくば道と呼ばれるところらしいです。


つくば道をひたすら進み、約1時間。
筑波山神社へ到着しました。
さぁ、ここからが登山のスタートです。


神社を過ぎて数分で、登山道のルート札が出てきました。


登山道を登りはじめてすぐは、杉の間を抜けていきます。
登山客の足跡の影響か、根がむき出しに。


神社から約40分。一番急な場所です。


2/3ほどの所に、立派な杉の木があります。
根元から2本に別れています。



筑波山の登山道は、針葉樹が多く、紅葉を楽しむポイントは少なかったですが、
ところどころで、木々が高揚していました。


山頂に近づくにつれ、歩道が整備されてきます。
このような階段が出てきたら、ゴールまであと少し。


標高が上がるにつれ、植物も変わってきました。
このあたりはクマザサかな?


麓から約2時間半で、御幸が丘へ到着です。
麓から歩いて、標高約800㍍登りました。
帰りは、ケーブルカーという選択肢もありましたが、
子供たちと協議して、来た道を歩いて下りました。
登りは2時間半、下りは1時間半。
思い出に残る茨城県民の日でした。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絹さやとスナップエンドウの... | トップ | キャベツ、初収穫。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農作業以外日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL