やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

きゅうり苗のポット上げ。

2017年04月21日 | きゅうり

4月20日


4月2日に追加で種まきしたきゅうりの苗。今回は、セルトレイに種まきしていました。
今年は、1回目に種まきしたきゅうりの苗の出来が悪いんです。
1回目の種まきは、土が腐葉土100%だったのと、育苗期間中に
一度強い寒さに当ててしまったことが原因で、出来が悪い気がします。
あと、今年の桜の開花が遅れたように、平年よりも気温が低かったため、
生長が遅かったのかもしれません。


第2弾、順調に育っています。


カブトムシの幼虫が分解した落ち葉堆肥と赤玉土を2:1の割合で
ブレンドして、育苗用の土にしました。


左の、緑のポットが4月2日種まきの第2弾で、
右の、白のポットが3月4日種まきの第1弾。


こちらは、3月4日まきの第1弾の苗。あんまり元気がありません。
土が100%落ち葉堆肥だったから、物理性が悪かったのかもしれないのと、
育苗中にハウスの窓を閉め忘れて、寒さにあててしまったことが
出来の悪い原因かもしれません。
昨年は4月20日には良い苗が出来上がって、定植することができていましたが
今年は育苗がうまくいきませんでした。


この苗なんて、生長点が無くなってしまっています。
寒さにやられた為みたいですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たまねぎのべと病予防のために。 | トップ | ほうれんそうがとう立ちして... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL