やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

きゅうりに異変発生。

2017年07月12日 | きゅうり

7月9日


「なんじゃこりゃー?」
左の畝の株が萎れているではないか。
右の列はまだまだ元気で、収穫真っ盛りなのに。
これでは、予定の半分しか収穫できません。


この症状、なんだか、数年前に見たような記憶が。


問題は、この中(土の中)かしら?


根を抜いて見たら、やっぱり!
ネコブセンチュウの仕業っぽいですね。
考えられる事と言ったら、記録には無いけれど、この畝の右と左で、
落ち葉堆肥を入れたか入れないかの違いがあるかも。


前作はネギでしたが、収穫が終わった左側から順に、
冬の間に堆肥をまいて、耕して土づくりをしていました。
右の列は、その時点ではネギの収穫が終わっていなかったので
土づくりのための堆肥投入はしていませんでした。
良かれと思って入れた堆肥が、もしかしたら悪さをしたのかもしれませんね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トウモロコシの収穫。 | トップ | オクラの収穫開始。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは(*^^*)/ (らいおん○)
2017-07-13 16:16:15
片側ばかりなんですね?
以前の記録を見直したら何が原因か分かりますね。
あ、記録がないのですか?(^_^;)
未熟堆肥が悪さすることがあるんですよねぇ。
らいおん○さん (やしまファーム)
2017-07-13 22:48:44
ブログ記事には、残っていませんが
パソコンの中の記録としては、落ち葉堆肥をすき込んでいます。
でも、完熟たい肥のはずなんですよねぇ。
落ち葉はボロボロですから・・・・。
農業って、ほんと、わかりませんね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL