やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

たまねぎのべと病予防のために。

2017年04月20日 | たまねぎ

4月19日


たまねぎが一気に生長です。
1ヶ月間とは比べ物にならないくらいに大きくなりました。
追肥のおかげかなぁ。


こちらは、赤たまねぎのルビールージュ。
根元の赤が目立ってきました。


まだ膨らみ始めてはいません。
確か、中晩生品種だったかなぁ。


こちらは、黄たまねぎのネオアース。


ネオアースも中晩生なので、まだ膨らむ様子はありません。


こちらは極早生種のハイゴールド1号。
前回の紹介から約2週間。さらに球が太ってきた様子です。


だいぶ大きく太ってきました。



ところで・・・。
昨年は、たまねぎ栽培の終盤に、べと病らしい症状が現れてしまいました。
5月上旬には何ともなかったのに、5月中旬に葉が黄色くなりはじめ、
5月下旬には無残な姿になってしまったので、予防策として
効果があるかどうかはわからないけれども、有機のべと病予防薬を
使ってみることにしました。

ネットで購入した背負い式噴霧器が活躍です。


たまねぎの葉、全体に予防として散布しました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八重桜、開花。 | トップ | きゅうり苗のポット上げ。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (ガマ)
2017-04-21 04:46:58
ボルドーは有機栽培でも認証されるので、これしか
ないということですかね。トマトは毎週かけましたね。
だんだん希釈率を上げる形で。

りっぱな育ち具合ですね。
樹勢がいいと病気にもなりにくいというのが定説なので
ボルドーは鬼に金棒って感じになるのかもしれませんが
痛い目に遭ってたら何かしたくなりますよね。
ガマさん (やしまファーム)
2017-04-22 16:33:15
ボルドーが鬼に金棒になってくれれば(笑)
ところで、鬼は誰?
昨年は散々な結果だったので、今年は早め早めの防除を行いました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL