やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

エンドウの種まき。

2016年11月02日 | エンドウ

10月30日


エンドウの種まきを行いました。
今年は、「ゆうさや」と「スナック753」の2種です。




昨年は、暖冬の影響で本格的な寒さが来るまでに育ちすぎてしまい、
大株で越冬をしたために枯れてしまったものが多くありました。
今年は、マルチ無しで種まきをすることにしました。



大根の種まきに使った種まき用穴あけ器を使って15cmで穴をあけました。


ゆうさやは、赤い花が咲きますが、種もピンクに着色してあります。


種の数の都合、1穴に3粒ずつの種まきです。


スナック753は、白花ですが、種は青に着色。
あれ?この文面、昨年も同じような書き方していなかったっけ?


中央列にエンドウの種をまいた後は、両脇にスジを作り、防寒用の葉物の種まきです。
昨年までは、5穴マルチを使っていたので、15cm間隔で、両脇2列ずつの
混植でしたが、育つとエンドウを邪魔してしまったので、
今年はエンドウから25cmくらい離して、1列での種まきにしました。


ほうれんそう、味美菜、青梗菜を両脇に種まきしました。
寒さが厳しくなる頃には、これらの葉物が風よけになってくれているはずです。


種まきの最中、電線の上でカラスが見ていました。
やばい・・・。早めの防御をしましょう。
アーチ支柱を挿して、トンネルの準備です。


寒冷紗トンネルをかけて、鳥害対策です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋じゃが、デジマにつぼみ発見。 | トップ | 大根の生長具合。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL