やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

トラクターのオイル交換。

2017年06月16日 | その他

6月14日

先日、耕運をしていて、ふと思いました。
「このトラクター、弟がどこからか中古で買ってきたけれど、
お手入れはどうなっているんだろう?」
3年半前に、ここに来て以来、バッテリー交換したくらいです。
自動車のオイルだって、半年に一度くらいは交換するのに、
トラクターだってそれくらいの頻度で交換しなきゃ・・・。
ということで、イセキのホームページから取扱説明書をDLして
色々調べてみました。


オイルタンクは3㍑らしいので、4㍑入りのオイル(1680円)で足りる。
オイルを破棄する処理パック(238円)。
エレメントは、JO-180(1000円)ってのが合うらしい。
エレメントの型式は取説には書いてなかったので、別に検索しました。
エレメントを外すために、大型のプライヤー(1580円)を購入し、準備OK!
学生時代にガソリンスタンドでバイトしていた経験がこんなところで役に立つとは。


キャップを外すと、真っ黒!
何年交換していないんだろう。ラベルが付けてあったけれど、
10年以上前に交換した記録でした・・・。まじ?


オイルパンのボルトを外すと、真っ黒なオイルがドボドボ出てきました。
オイルを抜く前に、オイルゲージを見たら、規定量に達していませんでした。
こりゃ、本当に十数年無交換だったのかな。
ちなみに、ボルトが外れるか心配でしたが、手で回そうとしても動かず、
レンチを優しく、何度もハンマーで叩いてようやく緩めることができました。


エレメントも、新しく購入したプライヤー(1580円)のおかげで、
すんなりと外れました。


新しいオイルはこちら。琥珀色です。
たまにしか使わないので、オイルジョッキは買いませんでした。
代わりに、空のペットボトルで代用。
1㍑ペットボトルを半分に切って使いました。


交換メモ。
アワーメーターは803時間です。


ついでに、こまめちゃんもオイル交換。


こまめちゃんは、故障入院時にオイル交換していたはずなのですが、
それから約4年経っています。
排出されるオイル、トラクターほどではありませんでしたが黒かったです。


トラクターのオイル入れに使ったペットボトルで廃油を受けてみました。
エンジンが小さいからか、意外と量が少ないのね。
300mlくらいかな?と思って、調べてみたら
ちょうど0.3リットルとなっていました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤たまねぎの収穫。 | トップ | きゅうり、初収穫。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (abu71_nomin2)
2017-06-17 21:59:08
昔の経験が役立ってますね~
何でも専門家にお願いしたら時間もかかるしコストもかかる…。
百姓って百のことができるかららしいので、やしまさんは着実に百姓に近づいてますね~(^^)v
abuさん (やしまファーム)
2017-06-17 22:18:59
工場に持ちこんだら、かなりの金額となるのでしょうけれど、
5千円くらいでオイル交換ができて、よかったです(笑)
本当に、人生経験、どこで何が役立つかわかりませんね。
百姓ねぇ。会社の立場も百姓みたいなもので・・・(苦笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL