やしまファーム

自家製のぼかし肥料を使い、化学肥料と化学農薬は使わず、安心安全な野菜作りを目指しています。

オクラの種まき。

2017年05月15日 | オクラ

5月11日


昨年の秋に種採りをしたオクラ。
白ネット(元は赤)は赤オクラのベニー、
青ネットは普通のオクラです。


秋から冬、春までの約半年間、作業場兼育苗用のハウスに吊るしてありました。


30cm間隔の穴が空いている黒マルチに種まきです。


左が赤オクラ、右が普通のオクラ。
種の見た目はほとんど変わりなしです。


1穴に10個弱の数の種まきです。
今年は、適度に間引きを行って、1穴1~2本で育てようと思っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おかひじきが根付いた。 | トップ | 早生たまねぎが大きく育った。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これくらい播けば安心ですね。 (ガマ)
2017-05-16 06:15:55
何本仕立てか知りませんが、前に3本仕立てで
4粒とかで播種して失敗したことがありました。
余裕たっぷりは大事ですね。
ガマさん (やしまファーム)
2017-05-17 05:27:56
オクラが発芽する頃は、ネキリムシの活動が盛んになるので、
芽が出た直後にチョッキンされちゃうことが多いんですよね~。
昨年は、密植させすぎたのか徒長してしまって、
風で倒れたり、収穫が大変になってしまったので
今年は1穴1本で育ててみようと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL