ギタリスト福島克彦の七転八起ブログ

HeavyRockギタリスト福島克彦のブログ

今年もあと数時間

2012-12-31 18:00:00 | 複数
スポーツ系バラエティ番組が好きで、
年末の特番をよく見ている。(たまに面白く感じない時もあるけど)
年明けの特番も楽しみ♪

そんな合間に、故ジョン・レノンのドキュメント映画を見て、
亡くなった年齢に自分も追いついていたことに気づいた。
今年の命日、俺はLOUDNESSのライブを見に行っていたなぁ。。。
ただの偶然だろうが、つい「何かの暗示か?」と考えてしまう。

音楽活動については、おかげさまでいいこともあったと思っているけど、
内容に伴った結果が出ず、無力感あり。
いつも一部の同業者ばかりに評価されることが多く、
(お世辞じゃなければ心の救いにはなるが)
現実はそのままじゃダメ。
趣味と割り切って自己満足のみを追求するわけにはいかず、
自ら招いた状況だとしても、まだ結論が出ない。

ただ、くだらな過ぎることには捉われないようにしたいのと、
人間、誰でもいつかは死ぬということだけは言える。

この記事をはてなブックマークに追加

更新作業

2012-12-24 14:17:18 | 音楽
あちこちのサイトで告知と更新作業。
mixiの重さや、facebookとアメブロの不具合にキレそうになりながらも、
(ぶっちゃけキレてた/泣笑)とりあえず終了かな。

メインのここは特に不具合なし。
その分できることは限られるけど、シンプルなのがいいのかも。

この記事をはてなブックマークに追加

AGGRESSIVE DOGS & OMNIUM GATHERUM (Finland) ツアー日程

2012-12-24 11:30:04 | 音楽
Aggressive Dogs a.k.a. UZI-ONE & OMNIUM GATHERUM (Finland)
Japan Tour 2013 -Inglourious- "一意専心"

激情だけがフィンランド・デスメタルでないことを知らしめる
Omnium Gatherumが初来日。
日本が誇るハードコアメタルバンド、結成30周年を迎える
UZI-ONE率いるAggressive Dogs a.k.a. UZI-ONEと共に日本ツアーを決行する。

2月1日(金) 愛知 名古屋 TIGHT ROPE
2月2日(土) 長崎 DAZZLE PUZZLE
長崎県佐世保市三浦町4-33(0956-23-1069)
2月3日(日) 福岡 博多 Public Space 四次元
2月4日(月) 福岡 北九州 ABBEY ROAD JAM JAM (Drums & Guitar Clinic)
2月5日(火) 山口 Creative Space 赤れんが
2月6日(水) 兵庫 神戸 Star-Club
2月7日(木) 静岡 浜松 MESCALIN DRIVE
2月8日(金) 神奈川 厚木 Thunder Snake
2月9日(土) 千葉 柏 DOMe
2月10日(日) 東京 渋谷 THE GAME
2月11日(月) 東京 渋谷 club asia

この記事をはてなブックマークに追加

卓球のラバー

2012-12-24 10:54:37 | スポーツ
ニッタク(メーカー名ね)の新製品ラバー「ファスタークC-1」が気になる。
来年の全日本選手権の前売りチケットなどを購入しに国際卓球渋谷店へ行った時、
店内のサンプルラケット「フレイム・カーボン」(同メーカー)に貼ってあったので、
球突きをさせてもらったら、裏面の「(同)S-1」並に軟らかかったのが意外。。。
(両者のスポンジは同じで、シートが違う)

ちなみに自分のラケットは5枚合板で、ラバーは両面「(同)G-1」の特厚だが、
店員さんのアドバイスで軽め(=軟らかめ)のをセレクトし、トータル182g。
(ただ個体差はほとんどない)
ただ、昔のラケットはもっと軽かったので、
まだたまにフォアハンド⇔バックハンドの速い切り替えが遅れる時もあるけど、
バランスは絶妙かも知れない。

※備考:今のラケットにしてから「ハモンド(無印)」の厚や、
「レナノス・ホールド」の特厚を使ったが、自分はG-1のほうが好み。

これでさらに安定感が上がればいいけど、
ラケットとの相性的にも、両面G-1で練習し続けるほうがいいのか・・・?
べつに使い難い部分があるわけではなく、
(ニッタクの用具は使い易いものが多くて好き)
調子さえ悪くなければ結構いい球が打てると思うので。

でも、重め(=硬め)のC-1をセレクトするのもありか??
特に、苦手なバックハンド側はC-1でもいい気がする。

ということで、今後の組み合わせ候補は、以下の3通り。

・両面G-1
・フォアG-1、バックC-1
・両面C-1

しかし、厚さを特厚か厚で悩みだすとキリがない。
全て試すほどお金をかけられないし。

もし替えるなら、来月の国際卓球セール期間中が絶好のチャンス!?

この記事をはてなブックマークに追加

年末卓球とNFL

2012-12-24 10:20:16 | スポーツ
さらに、友人Fとも行ってきた。
彼は久しぶりだが、そんなに鈍っていなかったので驚き。
むしろ俺の調子がダメだった(凹)

途中から、遊びを取り入れるどころか、
Fの提案により、お互い利き腕ではない左で打ってみる。
意外に上手くできる技術とそうでない技術があり、(当たり前)
バランス向上と新たな発見ができればいいけど、
俺はある程度わかっていたから、やはりそこそこで止め、
Fはしばらくやっていた(苦笑)

彼は最近、NFLにもハマり始めたらしい。
俺は、'80年代から当時DENVER BRONCOSの
John Elwayが大好きで応援していた。
歴史に残る名選手ながら、悲運のQBと言われていたが、
'90年代にスーパーボウルを2連覇した時は、とても嬉しかった。
今でもそれらの試合映像は保存していて、たまに見ている。

Elwayが引退した直後、環境的に試合の放送が見られなくなり、
知識に疎くなっているので、Fと共に勉強し直そうかと思った。

この記事をはてなブックマークに追加

師走卓球

2012-12-24 10:18:14 | スポーツ
ここで先日のこともアップしておかないと。

また外は雨模様。
パートナーは、いつもの友人H和。(伏せ字が減った/笑)

翌日に試合を控えた人が多かったのか、満員で諦めかけ、
抽選を初体験する寸前までいったけど、遠慮せずやれて良かった。

まずウォームアップのフォアクロス(フォアハンドの対角線コース)打ちで、
そんなに調子は悪くないと感じ、
もっとレベルを上げるべく、視野を広げた練習をした。
遊びを取り入れつつ、ボールタッチを鍛えたり。
(楽しいけど気持ちは真面目なので悪しからず)

俺の苦手技術が全て得意なH和は、理解不能な打法をよくするから、
それもいくつかトライしてみたが、思うようにできなくて悔しい~!
まぁ、一朝一夕でできたら誰も苦労しないか。

自分は不器用なほうで、だいたい何でも人より習得が遅いし、
手首にも問題があるから、コツコツやるしかない。

後に試合形式。
しかし、特にバックハンドが酷い有様。
いつものように打ちながら調整しているつもりでもダメ。
徐々に上達してきた手応えがあったのに・・・。

ならばと、自分が昔に片面ラバーの日本式ペンドラ(※)で
(※日本式ペンホルダーラケットのドライブ攻撃型)
玉砕戦法だった頃(苦笑)に戻り、構える位置も大きく変え、
運動量の多いオールフォア志向へ!
(実質はフォアとバックが7対3~8対2くらいの割合)

けっこう頑張れて上手くいったけど、
体力や技術がすぐ頭打ちになるのはわかっていたので、そこそこで止めた。

というのも、
自分は片面の日本式ペンに行き詰まり、(主にバックハンド)
バックハンドが打ち易いシェークハンド(ラケット)に転向したが、
(当時はペンに両面ラバーの裏面バックハンドも頭になかった)
プレイスタイルを変えられず、しかもシェークでオールフォアだと、
ミドル(体の近く)に来た球の処理が余計に難しく、
若いうちは無理できても、趣味で長く続けるには厳しいと思い、
長いブランクから再開した時、苦手なバックハンド技術の習得を決意したから。
(基本のやり直しも必要・・・)

なので、再びバックハンドでの打球にチャレンジ。
ここでH和に、ラケット角度がおかしいと指摘され、
まさかと思いつつ、ちょっと直してみたら入る入る!
それまでは調整したつもりができていなかった。。。
フォアもそのままで問題なし。

彼は「自分は感覚派で、教えるのは不得意」と言うけど、
基礎ができているのでさすがだ。いつも助かる!m(__)m
いい感覚を忘れないよう、イメージトレーニングの強化と素振りをしなきゃ(汗笑)
(基礎体力の向上も必要・・・)

ところで蛇足だが、
前述の通り、自分は全体的にフォアハンドのほうが得意で、
バックハンドが苦手なのに、(台上技術全般も苦手なのは置いといて)
どちらかと言えばバックハンド重視のグリップらしい。
これは少しでも苦手を克服したいという本能か?
確かにこの握りだと、フォアは巻き込み気味のスイングになり、
ドライブがカーブし易く、試行錯誤の余地ありかも。

途中、以前にご一緒した先輩方が来場、軽くご挨拶。
ただ、こっちは気付けばもう4時間が経っていたので、無理せず終了。
筋肉痛は多めに出たけど、ちょうどいい室温で、意外と体調も良かった。

そんな感じでした。

この記事をはてなブックマークに追加

忘年会週間

2012-12-23 16:14:08 | 複数
今週は忘年会が続いていますー。

昨夜はAGGRESSIVE DOGSの忘年会。BALEのメンバーも一緒。
飲みと言うよりも、まず食い放題の店で肉を食いまくり!
9人で50皿以上は食べたらしい(汗)

二次会は移動して三宿の某店へ。
UZIさんの繋がりと言えば分かる人が多いかと思うけど、
俺は超ビッグなアーティストとの初対面に焦りました。。。

そこで、こちらの人脈についても紹介させてもらい、
良くしてくれたことに感謝します。m(__)m

皆さん朝までお疲れさまでした!

P.S.
微妙な時間帯だったので渋谷まで歩いてから帰宅、
昼近く(さっき)まで起きていた。
そして今日もこれから別件の飲み会・・・!?
明日の某イベントのため、札幌から東京に前乗りしている
親友ドラマーが中心です(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

DraiN440氏と

2012-12-21 07:35:10 | 音楽
昨夜は、活動停止中なDraiNの、
ヴォーカリスト440氏と久々に飲みーティング。

氏は今月、the CYCLEのイベントにゲスト出演していたり、
互いの近況から語り合った。

今年は俺のいろいろな都合でDraiNの活動が止まってしまい、
不義理しちゃったなぁと。
それでも気遣いに甘えてしまった感あり・・・(反省)

そして先日、ベーシストの$pyke(スパイク)がバンドを離れることになりました。
ご報告が遅れたことをお詫びします。

こちらも近因はスケジューリングの都合ですが、
彼は現在、シシド・カフカの活動で忙しくしており、
テレビでもちょくちょく拝見しているので、このまま頑張れー!

というわけだけど、心苦しい決断をさせてしまった$pykeや、
支持してくれている方々のためにも、DraiNはそう簡単に終わらないですよ。

ただ、まだしばらく水面下に潜っていることになりますが、
新しいアクションが起こせるまで、忘れずにいてください。

この記事をはてなブックマークに追加

いちおう元気です

2012-12-18 17:22:54 | 音楽
あるきっかけで懐かしい曲が聴きたくなり、いろいろと堪能、再勉強した。
詳細は置いといて、いいタイミングだったと思う。

最近、本業の音楽話が少ないというご指摘を何度か受けましたが、
例えば、「今日はギターでこんな練習しました」とかは、
俺がいちいち皆にアピールする必要ないかな~と思うし、
自分のことに限ってはそんなに明るい話題がなく、
綺麗事も言いたくない性分なので、葛藤があります。

ただ、ブログを読み返すと、
音楽の話は他の話題より何倍も多かったですが(苦笑)

ちなみに10年くらい前、数人の先輩から、
「お前は音楽以外に何もない」とダメ出しされたこともあるので、
そういう方達から見れば、これでもまだまだなのかも知れません(汗)

まぁ、どれも良いほうに捉えていただけたら幸いです。m(__)m

この記事をはてなブックマークに追加

LOUDNESS@品川ステラボール

2012-12-11 21:51:43 | 音楽
行った人には説明の必要がないけど、
先週の土曜、LOUDNESS『SINGLE COLLECTION TOUR 2012』のファイナル。

主なセットリストはツアータイトル通りの方向だが、
定番からマニアックな所までニクい選曲。
特に「Geraldine」、「Risky Woman」、
「Silent Sword」、「Bad News」などは悶絶ものだったでしょう!

「The Night Beast」も聴きたかったけど(贅沢すぎか)
一日では収まりきらない程、たくさんの名曲があると思い知らされた。

演奏は新旧の美味しいフレーズやニュアンスを散りばめてくれて、
超絶プレイなのに余裕さえ感じた。
そんな熟練の技を持ちつつ、どこか若返っているような雰囲気にも驚愕。

音も凄く良かったし、目を閉じると一瞬、
'80年代のライブを体験しているような気にもなった。

いつも様々な想いを抱えて見ているけど、今回は素直に楽しむことができました。
(アンコールで山下さんがミニギターを抱えていて笑ったし)

この日はレコーディングしていたそうで、
行った人も行けなかった人も、リリースされる日を楽しみに待ちましょう!

ところで、俺はイントロからかなり悶絶した「RISKY WOMAN」、
二井原さんがMCで仰っていたように、
LOUDNESS結成5周年にあたる1986年12月末、初武道館の1曲目。
自分が中学生の頃に初体験したLOUDNESSライブ(遅い?)なので、
思い入れは格別。

しかしその時は、同名の12インチシングル『RISKY WOMAN』を含め、
持っていない音源がいくつかあって、
ただでさえ爆音と観客の熱狂ぶりにビビったのに、
攻めのセットリストで完全に置いて行かれ、勉強不足を感じた。

そんな感じで乗り遅れたまま、しばらく緊張&夢心地だったが、
二井原さんが初心者にも分かり易いリードをしてくれたおかげで、
少しずつ楽しみ方を覚えることができたので、とてもありがたかった。

後にすぐ『RISKY WOMAN』やほとんどの音源を集め、
ライブの記憶と共に聴きまくり、翌年からさらにハマっていき、
人生を変える出会いがあるわけだけど、今でもあの日を忘れない。

・・・話を戻し、
先日は予想通り、新旧の様々な関係者と再会。
俺は約四半世紀だもんな。。。

打ち上げは自宅の近くで変な感じ(汗)
二次会も地元の近場にて、オフレコトークで楽しませてもらいました。
皆さんありがとうございました。

後日、『RISKY WOMAN』と『ODIN』を聴きながら久々に晩酌。
昔の良かったことも悪かったことも思い出し、
人はそう簡単に変われるもんじゃないなと(苦笑)
でも、逆に少しは気持ちが若返っている部分があるのかも?と思った。

この記事をはてなブックマークに追加