NPO法人野生動物救護の会ブログ

1羽でも1頭でも多くの野生復帰を目指して活動しています

ブログについて

救護の会の活動現場である神奈川県自然環境保全センターでの出来事、エピソード、足環やM(猛禽)プロジェクトのこと、 センター外での活動など、折に触れ書いていきたいと思います。 気儘な更新になりますが、お付き合い下さい。

ボランティア講習会を開催しました

2017-06-06 17:58:57 | センターでの活動

平成29年度 野生動物救護ボランティア講習会が開催されました。

6月3日、4日の晴天にめぐまれた2日間!  神奈川県自然環境保全センターにおいて、獣医師会&当会も主催。

受講者は、2日合わせて37人。朝9時スタートの4時半終了~内容の濃い1日。

受付の美女軍団  ↓

講義 救護・応急措置と動物の体のしくみ~講師は鵜飼先生 ↓

 

 

ボランティア活動の実際コーナーで、先輩ボランティアの経験談を語る

春田親子~        母、裕美さん          娘、千紘ちゃん(失敗談を話してくれました)

                                                  司会進行、三輪さん

同じく、熱い思いを語る    小林夏子さん  ↓

最後に渋谷のレストランバー「アミューズメント」の寒河江さん お店に募金箱を置いて、普及啓発に努めて下さり、

感謝状授与。      寒河江さん ↓            当会理事長、募金を受け取りました ↓

いつも、本当にありがとうございます!!  

寄付金(中身は小銭なので、ずっしり重いのダ)   ↑

ここでは、簡単に紹介しましたが、HP報告文では詳しく報告します。(写真も多いよ)準備中なので、しばしお待ち下さい。

講習会では、野生動物たちとの付き合い方や向き合い方など、理念を含め、深く広く学んでもらいます。

みなさまも「野生動物救護ボランティア」になってみませんか!?

 


この記事をはてなブックマークに追加

ムササビの放野

2017-05-23 08:58:42 | センターでの活動

暑くて忙しい季節に入り、哺乳類の放野が保全センターでは続いています。

今回はムササビの報告です。

保護日:8月10日

保護場所:秦野市

授乳中で目も開いていない乳飲み子の状態で登山道に落ちているところを保護されたそうです。

ミルクから離乳食へ、さらに葉っぱなどもたべて、最初は53g程度だったのが立派に成長しました。

↓ 放野スタッフ一同(センター職員&野生動物救護ボランティア、そしてビジターセンター職員)

↓ 巣箱取り付け中(ボランティアさん奮闘!)

みんなで協力し合って無事、取り付け完了しました

↓ 放野後のムササビ だいぶ戸惑っています

↓ 巣箱で一安心

秦野市で放野になりました。自然界は厳しいけど元気で暮らしていってね

動画が下のリンク先で公開中です(別サイトに移動します)

ムササビ動画 1  (https://vimeo.com/218782358

ムササビ動画 2  (https://vimeo.com/218782454

(情報提供:神奈川県自然環境保全センター

 


この記事をはてなブックマークに追加

野生動物救護の会の定期総会と十周年記念講演会、開催!

2017-05-23 08:33:25 | イベント

5月20日(土) もう夏か! という様な暑い一日でしたが、救護の会も熱い一日でした。

会場は、(いろいろゴタゴタありましたが)厚木市役所第二庁舎 16階 とても眺めのいい会場でした。

まずは、第10回定期総会。活動報告・決算報告などなど~無事に承認。

気持ちも新たに、今期の活動へ

 

 

続いて、十周年記念講演会「写真から読み解くツバメの現状(福島ツバメ調査の報告)」

講師は佐藤信敏氏(野生動物救護の会副理事長)の講演が行われました。

↓ ファンの方に照れながらサインをする佐藤氏

福島原発事故後の放射能の影響(ヒナなどに見られる白斑や尾羽の異常形状)、除染によるツバメの営巣問題など、

定期的な調査から分かるさまざまな問題点を講演して頂きました。

最後には素敵なツバメのねぐらの動画を大切なメッセージつきで見せていただきました。

詳しくはHPで報告します。(しばらくお待ち下さい)

↑ 10周年記念手ぬぐい(イラストは救護の会専属イラストレーター平沼さん)

会員&講演会の参加者に配られました。

欠席された会員のかたには順次発送いたします。

 

↓ これはなーんだ!?

ごたごたの原因の厚木市総合福祉センター(当初予定していた)会場の使用許可書

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

オオコノハズクが放野されました

2017-05-13 17:38:49 | 足環プロジェクト

青葉が茂り、夏鳥たちがあちこちでさえずり始めました。

オオコノハズクの放野のお知らせです。

保護日:4月3日

保護場所:茅ヶ崎市

雑木林の近くでうずくまっているところを保護されたそうです。

はじめは右翼の動きがやや悪く、目の開き方にやや差があったものの、リハビリが順調に進み放野になりました。

放野日:4月24日

放野場所:茅ヶ崎市芹沢

少し、眠そうですが、K2の足環をつけました。

畑や森の広がる場所で放野したところ、風に乗ってあっという間に姿を消したそうです。

赤い足環をつけた鳥を見かけたらご連絡下さい

写真・情報提供:神奈川県自然環境保全センター


この記事をはてなブックマークに追加

春休み子ども体験教室開催しました

2017-03-28 09:39:20 | 環境教育

3月25日(土) 春休み子ども体験教室~わくわく野鳥探検隊を開催!

今回で5回目、場所は神奈川県自然環境保全センター。

参加者は小学生7名と保護者の方。(今回はタウンニュース厚木版に募集内容を掲載)

最初は双眼鏡の使い方から~そして、谷戸(センター自然林)へ。

カワセミのお出迎えから始まり、エナガ・カワラヒワ・ルリビタキ・ジョウビタキなどなど沢山の鳥たち

谷戸を出ると、ツグミ・ヒバリ・ヒヨドリなど

参加者の子どもたちは、鳥だけではなく、草や木・亀・魚など、いろんなものに興味津々。

 

さぁー列を組んで出発 !

ふれあい動物では、タヌキのハヤ太くん。

残念な事に、下半身不随で野生に帰れなくなったけど、立派にエディケーションアニマルとして

野生からのメッセージを伝えてくれてます。 ↓

 

午後は、シジュウカラ用の巣箱作り。

初めて釘を打つぞ。 緊張~トントン ♪  みんな楽しそうでした。

早く完成した子は、好きな様にペイント。

 

みんなで、記念写真。  鳥さん、入ってくれるといいね。

 

探鳥会や巣箱つくり、(他にも野生動物の現状などの話もありました)などを通して、

野生動物や普通にある自然を身近に感じてくれたらいいな~。

今回、参加できなかった方、夏休み体験教室も 7/29 に予定してます !! (詳細は、7月早々HPで)

どうぞ、沢山の参加者、お待ちしております。


この記事をはてなブックマークに追加