さりげなくHAPPY DAY

一日一日の大切さ。なんでもない日常生活でも、さりげないhappyを見つけ綴っていきます。

台湾へ行く~3-2

2017-07-07 | おでかけ

今日は、七夕です~。

2年前の七夕で、「 いい出会いがありますように・・・」

とお願いして、たくさんの人との出会いがありました。

そして、その出会いの中で、

この台湾旅行もできたのです。

 

七夕さんに感謝しつつ・・・

また、新たなお願いを しようーーーっと 

 

                 

 

台湾旅行の続きです。

台湾3日目、九份へ行くとこまできましたね。

台北より、特急らしきものに乗り1時間くらいで、「瑞芳」という駅で降ります。

夕方6時過ぎ、まだ明るいです。

5人まとめてタクシーに乗り、行ける所まで上がります。

 

わぁー  いい眺め~

 

こんな山あいに、集落があるのは? かつて、金が採掘されて栄華を極めたようですよ。

 

 

タクシーを降りてからは、いろんな土産屋や食堂が並ぶ通りをひたすら歩いて行きます。

いろんな臭いが、混ざって・・・どこで何を食べるといっても、ピンとこない。

 

このフランクフルトみたいなのは、台湾の人が来るたびに食べたと聞いたので

食べてみました。

しっかりした歯ごたえで、ビール飲みたくなるねぇ~。

 

 

これは、「 肉圓 」(バーワン)と言って、千と千尋の神隠しでお父さんが食べていたプニプニの

食べ物だそうです。

汗かいて暑いので、ちょっと揚げた餅は・・・無理~

 

赤い提灯の下に、台湾のつばめ~

ここでも、ハッピーを思い出しました。元気にしてるかな?

 

 

日も暮れてきました。

うん、やっぱり暗くなってからが、いいねー

 

赤提灯も雰囲気ありますね~。

 

この階段のスポットは撮影ポイント? 皆が写真撮っていて、進まない~

 

土曜なのもあるのか?人が多くて、どこに入るのもゆっくりできなさそう。

とりあえず、一回りしたので、また帰りも5人でタクシーに乗り込み山を下りたのでした。

 

しかし・・・・

このタクシー、クセモノでありました。

乗ってから、私達のメンバーである台湾の人と、なにやら真剣に話込んでいるのです。

タクシーの運転手のおじさんが、ワーワーと交渉している様子。

台湾の人に通訳してもらうと、このまま台北まで1000元で行かせてくれないか?と。

 

私達は、電車で帰ってもあまり変わらない金額だし、1時間も5人で乗ってるには、

ちょっと窮屈すぎるので、断ってくださいと台湾の人に言ってもらいました。

 

しかし、おじさんは、ひきません

山道なのに、前もあまり見ず運転しながら、まだワーワーと交渉しているのです。

 

私たちも、もう皆口々に、「 あかんあかん」「とにかく、前見て運転してくれー

「 前見ろゆーてるんやー 」「 警察ゆーぞ  こらーっ 」

あらあら、皆さん言葉が荒々しくなってきましたよ。

 

山道の途中で降ろされるか? はたまた、台北まで無理やり連れていかれるのかー???

 

おじさんと台湾の人との、話合いはずーーーっと続いたまま。

私達は、ワーワー怒っている。

 

車が止まりました。

駅です。

降ろしてくれるか・・・あきらめたか・・・。

 

お金を払い車から降りました。

おじさんの顔を見ると、顔が怒ったままで諦めていなかった。

 

とんだ、タクシー運転手。

もしかしたら、あそこでは、普通なのかもしれないけど・・・

もう少し、安全運転と優しさがあれば考えていたけど、

 

終始、怒ったような口調。  

人柄、人柄が大事なんです~。

 

こうして、九份の、ノスタルジックとハプニングの思い出が刻みこまれたのでした。

 

 

                          3日目   つづく~

 

 お読みいただき、ありがとうございました。 

『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台湾へ行く~3-1 | トップ | 台湾へ行く~3-3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。