Shirakuのモノローグ

矢坂芝楽の日々あれこれを綴ります

稽古と道具作り

2017-07-17 21:39:07 | SUZUMARU
昨日今日と、この連休はどっぷりすずまるでした。

昨日は稽古を行いまして、今日は舞台のセットで使う道具の作成でした。

今回、某地域の敬老会で上演させて頂く演目は過去に5回上演しておりまして、前回は2012年の9月でしたから、5年ぶりとなります。

上演する毎に台本は若干の手直しをしてきておりまして、今回の台本も、その流れを汲んだものを手直しして用意しました。

ですが…

実は、すずまる用とは全く別に、個人的に一から書き直した台本が存在しておりまして、稽古に入る前の打ち合わせを行った段階で、今回はこちらの台本を採用する事が決まりました。

台本変更によるキャストの人数の問題もありましたが、それも何とかクリアし、予定どおり、現在稽古を進める事が出来ております。

台本が変わると、これまで使っておった道具も修復だけでは済まず、前々回から舞台上に登場しておった出道具の1つも作り変える必要があり、今日の道具作りも、それを行っておりました。



それ以外でもセットの一部が完成し、益々この演目を上演する事が楽しみになってまいりました。

まあ、舞台化するには中々と難しい題材である為、指定された上演時間とかクリアしなければならない問題はまだまだございますが、観て頂く方々に楽しんで頂きたいと思います。

なので、稽古期間は短いですが、精一杯作り上げていきます。

今日も午前中に稽古場に入り、帰りは日も暮れようとする頃でございました。  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古墳群(愛荘町 依智秦氏の里... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL