日本たんぽぽ農園

食べられる野草を食卓へ、野草が病を予防する。
野草栽培で六次産業を構築しています。

肺炎、肺がんを予防する「野菜たんぽぽ」!!

2017-10-14 10:39:34 | 肺炎
14:肺炎を「野菜たんぽぽ」食品が予防します。

・肺炎・肺がん・免疫機能・

肺炎は死亡原因の大三位に入っています。
高齢による免疫機能の低下が原因だと云われています。
タンポポには免疫力を高め感染症細菌の抗菌作用があります
 
食べられる野草“たんぽぽ”はココが凄い!!
 
概要:タンポポ(Taraxacum platycarpum)はキク科(Compositae)の植物で漢方では全草や根を乾燥したものを蒲公英(根)と呼び、蒲公英湯、蒲茵湯などの漢方処方に配剤されます。日本では主に民間薬として、苦味健胃、整腸、解熱、発汗、催乳に使用します。
成分:ステロール類のスチグマステロール、シトステロール、トリテルペンのタラキサステロール、タラキソール、β-アミリン、その他、コリン、イヌリンなどが含まれています。葉や花にはルテインやビタミン類、アルニジオールが含有されています。
・薬理作用:タンポポの水性エキスは黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌、肺炎球菌、緑膿菌、赤痢菌、チフス菌などに対して抗菌作用があり、動物実験では利胆作用や利尿作用を示し、結石症に有効であることが検討されています。その他、マウスで抗腫瘍作用も報告されています。
・キク科の植物に含まれている成分の発癌予防効果を検討し、タンポポの花に発癌プロモーター抑制作用を認め、マウスの皮膚で二段階発癌実験を行い、発癌予防作用のあることも明らかにされています。
・中国ではタンポポの抗感染作用を臨床的に検討し、臨床各科の多種類の感染性炎症に応用しています。例を上げますと、乳腺炎、気道感染、気管支炎、肺炎、肝炎、泌尿器系感染、中耳炎、副鼻腔炎、湿疹などで、蒲公英の製剤は、ある程度抗生物質の代用として使用できるとしています。
 
<食べられる野草の神秘な力を試してみませんか・・?>
・日本たんぽぽ農園は「とことんまで健康で臥したら人生の終焉を受け容れる」を理念に掲げ、陰陽のエネルギ-が充実している山野草を食べ物として摂り、免疫力を高め、自然治癒力を強化しながら体質改善と病気の予防。また、食べられる山野草を有機栽培して心と体の「五行菜食健康法」を実践提唱しています。
・毎日の水分補給代わりに飲むことで免疫力を高め自然治癒力を強化しながら、体質改善と病気の予防、代替療法を目的に食用の山野草を有機栽培してミネラル豊富な健康茶を
、家族皆様で飲んでいただける健康茶を作っています
:陰と陽のエネルギ-部位(根+葉っぱ、種子、果実)を配合し中庸にこだわった薬理機能性を重視した製法です。

 

 「国内で栽培、加工、販売まで真心込めて健康をお届けします」
ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 免疫細胞をアシストする「野... | トップ | ”ふくしま”の子どもたちに安... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

肺炎」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL