たんぽぽ娘農園隊

食べられる野草を食卓へ、野草が病を予防する。
野草栽培で六次産業を構築しています。

「肝臓障害」を野菜たんぽぽが改善します。

2017-06-19 08:54:09 | 肝臓病

19:「肝機能」を、食べられる野草タンポポが強化に作用します。。

・肝炎・肝機能・肝臓癌

「食べる野菜たんぽぽは、ここがスゴイ!!
 

:薬になるタンポポ・・・・
・薬理作用:タンポポの水性エキスは黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌、肺炎球菌、緑膿菌、赤痢菌、チフス菌などに対して抗菌作用があり、動物実験では利胆作用や利尿作用を示し、結石症に有効であることが検討されています。その他、マウスで抗腫瘍作用も報告されています。
・キク科の植物に含まれている成分の発癌予防効果を検討し、タンポポの花に発癌プロモーター抑制作用を認め、マウスの皮膚で二段階発癌実験を行い、発癌予防作用のあることも明らかにされています。 

:タンポポには希少糖が多く含まれています。

 ・一般に希少糖には、血圧降下作用、コレステロール体内有害物質排泄作用、微生物感染への抵抗力増強作用、細胞の活性化作用等があると言われています。

・タンポポビタミンCやルテオリンが抗酸化作用で老化を防止し、胆汁分泌促進で肝臓機能を強化します。また、消化を助けます。

<食べられる野草の神秘な力を試してみませんか・・?>
・日本たんぽぽ農園は「とことんまで健康で臥したら人生の終焉を受け容れる」を理念に掲げ、陰陽のエネルギ-が充実している山野草を食べ物として摂り、免疫力を高め、自然治癒力を強化しながら体質改善と病気の予防。また、食べられる野草の代替療食と心と体の「五行菜食健康法」を実践提唱しています。

◆国内で栽培、加工、販売まで真心込めて健康をお届けします◆
・日本たんぽぽ農園は毎日の水分補給代わりに飲むことで免疫力を高め自然治癒力を強化しながら、体質改善と病気の予防、代替療法を目的に食用の山野草を有機栽培して家族皆様で飲む健康茶を作っています
:陰と陽のエネルギ-部位(根+葉っぱ、種子、果実)を配合し中庸にこだわり薬理機能性を重視した製法です。
 

:食事の直前にお飲み頂くと、より効果が期待できます。 

*極上「蒲公英香琲」(商標登録
(世界に一つだけ、有機栽培「たんぽぽ」製法特許取得)

:原料を乾燥焙煎し、パウダ-にしたインスタントコ-ヒ-様製品です。
:一箱40gでコ-ヒ-カップ60杯分ご利用になれ、経済的です。
:特に男性の方にお勧めです。元気が出ます。

「世界にひとつだけ 有機栽培品「蒲公英香琲」製法特許取得」

「蒲公英香琲」製法特許取得:特許第4521340号


・「要約」:限りなくコ-ヒ-に近い風味を実現することで嗜好品として機能すると共に、健康増進機能に留まらず、薬理機能をも兼ね備えたコ-ヒ-様飲食用組成物を提供する。

「国内で栽培、加工、販売まで真心込めて健康をお届けします」

日本たんぽぽ農園お問い合わせ先

tukumo99@aroma.ocn.ne.jp

FAX043-443-7752


 

ジャンル:
食と健康・美容
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「便秘」を南海の竹の子が改... | トップ | 「乳がん」の予防に「野菜た... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL